• 仕事の理想的な流れ
    楽しく仕事をするために

    さて…建築に関わる仕事に就くことについて色々書いていたら、いつの間にか大学受験の話になってしまいました。ただ、大学受験と建築系の職に就くこととは全然違う話でもないので、こうした話になるのは仕方がないかなとも思います。進学する大学の学部によって、卒業後の職種がある程度は絞られてくる[...]

    続きを読む
  • 受験勉強は結構苦しい…
    仕事に就いてからの勉強

    建築に関する仕事に就くための最も一般的な流れはどんな感じなのか、という話を前回はかなりシンプルにではありますが考えてみました。まずは大学の建築学科に進学して建築に関する勉強をして、大学を卒業するタイミングで設計事務所やゼネコンなどに就職する。だけど建築学科がある大学に進学するためには、そ[...]

    続きを読む
  • 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む

構造図の雑詳細図とは

前回は構造体の各リストについて簡単に紹介して、床伏図と合わせた二段階の図面表現をしていくという話を取り上げました。
最初はこうした図面の使い方に戸惑うかも知れませんが、慣れてくるとこれ以外の表現方法はないのではないか、と思ってしまうくらい馴染んでくるはずです。

こうした図面の使い方は意匠図でも結構あります。
例えば建具キープランに建具符号を記載して、建具表によって建具の細かい仕様を表現していく、という図面の使い方は床伏図とリストの関係と同じですよね。

色々な図面を見なくてはならない、というのは結構大変ではありますが、もともと建物というのは様々な情報が含まれた複雑なものです。
そうした建物を表現する為に、多種多様な図面を確認していく必要がある、というのはある意味当然のことなのかも知れません。

床伏図や軸組図に記載された符号と各リストに記載された構造体の詳しい仕様によって、構造図は建物の基本方針を表現していく事になります。
しかし平面的な案内とリストで表現出来るのは、柱や梁や床など、それぞれ単品での詳しい仕様になっていて、そこから先の表現はなかなか難しいものがあります。

もう少し具体的に言うと、柱と梁との関係とか、梁と床との関係など、異なる構造体がお互いどのように関係しているか、という部分。
これらの表現はどうしても床伏図とリストで表現するのが難しいところなんです。

このあたりを表現する為に、構造図としてさらに用意される図面として、今回紹介する「雑詳細図」と呼ばれる図面が存在します。
雑詳細図というのはあまり具体的な名称ではありませんが、色々な部分の詳細図を部分的に表現していく為の図面になるので、このような図面名称になる場合が多いです。

床伏図や軸組図という決まった図面名称に比べると、雑詳細図という名称が決まっている訳ではないので、設計者によって雑詳細図の名称はいくつかあると思います。
とは言え、床伏図やリストでは表現出来ない部分を表現していく為には、詳細図を記載していくしかありません。

そうした詳細図を色々な部分で表現していく図面になるので、図面の名称も雑詳細図的な呼び方をするしかないはず。
名称は微妙に違う場合があるかも知れませんが、そこはあまり重要な要素でもないので、こうした主旨の図面が構造図にはある、というくらいの認識で大丈夫だと思います。

雑詳細図で表現する内容としては、建物によって異なる細かい構造的な部分という事になるのですが、ある程度決まっているものもあります。
例えば床のレベルが異なる部分で、床コンクリートの段差を構造としてどのように考えているのかとか、床段差と梁との関係とか。

構造床段差仕様

こんな感じの構造的な方針を雑詳細図では記載していく事になります。

これは建物を造っていく上で必ず出てくる納まりになりますが、リストではなかなか表現することが出来ない部分でもあります。
そうした情報を雑詳細図では断面図として表現していき、構造設計者としての考え方を構造図として示していくことになる訳です。

雑詳細図に記載される情報が具体的であればある程、構造設計者の考えが施工者により細かく伝達されることになります。
建物の構造というのは非常に重要な基本となる情報ですから、そうした意図が細かく伝達された方が建物にとっては絶対良いはずですよね。

なので、構造設計者はちょっと大変にはなりますが、出来るだけ細かく雑詳細図で色々な部分を表現していく方が建物にとっては良いはず。
出来るだけ良い建物を造っていくという使命が設計者にはあるはずなので、こうした細かい表現を積極的にやっていく事が重要になってきます。

関連記事

  1. 仕上
  2. 平面図
  3. 会議
  4. 打放しコンクリート
  5. 建具詳細図
  6. 外構