• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

意匠図と構造図の整合について

前回までで杭伏図・各階床伏図・軸組図についての説明が終わりました。
これらの図面は建物の構造体を表現する最も基本的な図面という事になる為、不整合がないようにキッチリと図面を作り込んで行く必要があります。

もちろん柱や梁の配置というのは建物のプランと密接に絡んでくる為、意匠図と整合しながら進めていく事も重要な要素になってきます。
これは割と当たり前の話ではありますが、その当たり前は自動的に守られる訳ではなくて、色々な調整をしていく必要があるんです。

意匠図を見ると吹抜になっているのに、構造図を見るとそこには梁があるので、吹抜を貫通する感じで梁がばっちり見えてしまう状況に…
というような「まさか」的な話はあり得ないと思われるかも知れませんが、基本的な調整を怠ると普通に発生してしまいます。

設計段階でそうした不整合を調整するのはそれほど大変な事ではありません。
しかし施工段階でそれが発覚すると、それは結構手間がかかる問題になってしまいます。
施工段階の中でどのタイミングで発覚するのかによってその大変さは変わってきますが、例えば既に鉄骨梁を取り付けた状況だともう大変です。

図面だけで考えていくと、意匠図と構造図はそれぞれ別々に作図されているので、お互いの図面の不整合に気がつかない場合もあります。
意匠図では当然梁がない平面図になっている訳ですが、構造図では吹抜をそこまで意匠的に詳しく表現していないので、梁を配置しても違和感はそれほどありません。

それぞれの図面を突き合わせて確認していかないと、ごく希にではありますが、梁があることに誰も気がつかないという事もある訳です、
しかし実際に現場を確認して、吹抜に鉄骨梁が配置されている状態を見ると、もう一目瞭然でダメな事が分かってしまいます。

整合性

図面ではなかなか分からなかった事が、実物を見ると一発で分かる、というのが図面の限界とも言えるのですが…
今現在の技術では、建物を造っていく為のツールとして図面以上の存在がない、というのもまた事実なんです。

なので、実際に建物を造る前に問題点を確認するという目的で、やはり図面をしっかりと作り込んで行くしかありません。
図面上で上手くいっていない部分は、間違いなく現場でも上手くいかないもので、そう言った意味ではやはり図面は便利なツールではあるんです。

ただ図面を使う側がその問題に気がつかないだけ。

そのあたりの根本的な問題はありますが、解決方法としては、図面を作図するもしくは利用する側のスキルを高めていくしかありません。
もう少し技術力が高まれば、図面ではなくデータ上で建物を立体的に表現していき、気になる部分を簡単に詳細図として確認出来るようになるかも知れませんが…

もしそうなったとしたら非常に便利になると思いますが、立体的な建物のデータを構築していく作業は意匠図をまとめるより何倍も大変になるでしょう。
今まで平面図と断面図として図面で表現していたものが、全ての部分を作り込む必要があるので、大変になるのは当然ですよね。

設計者としてそこまで細かく情報を作り込んでいくメリットがあるか、というあたりを考えると、設計者としては微妙な気もします。
そこまで作り込まれた建物のデータがあれば、恐らく施工する側は今よりも楽になるのではないか、という気もします。

施工者の手間を減らす為に設計者がそこまでデータを作り込むかどうか…

そのあたりを意識すると、やっぱりしばらくの間は意匠図と構造図があって…というようなやり方で建物は造られていくのかも知れませんね。
お互いの図面で整合をとっていくのは確かに手間のかかる業務ではありますが、建物を設計する際に不整合な図面を減らしていくのは当然の事ですからね。

ちょっと構造図の紹介から話が逸れてしまいましたが、次回は床伏図と軸組図を踏まえてその他の図面を紹介していく事にします。

関連記事

  1. 平面図との比較
  2. RC柱内配筋
  3. 大量の図面
  4. 床伏図
  5. 図面
  6. 梁配筋を記入した状態