• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

建具表とキープランとの関係

前回は建具キープランについて説明をしてきましたが、今回は建具キープランに深く関連する図面である建具表を取り上げます。
建具キープランというのは、平面図に記載されている建具ひとつひとつに、まずは識別可能な符号をつけていく事を目的として作図されます。

意匠図として建具情報に特化した図面を作成するのは、簡単に言ってしまえば、建具の仕様には様々な種類があるからです。
単純に「ここには鋼製ドアを取り付ける」という指定では、情報としてはちょっと不足なので、ある程度詳しい情報を記載しておく事がどうしても必要なんです。

どのような建具を取り付けるのかを明確にしておかないと、施工段階でどのような製品を造れば良いのかが分からないですよね。
そのような曖昧な状態ではコストをはじく事も出来ないので、やはり建具の情報は意匠図によって明確になっている必要がある、という事です。

まずは前回も紹介しましたが、建具キープランというのはこんな感じの図面になります。

建具キープラン

この建具キープラン上でに建具の細かい仕様を記載していく事が出来れば、1枚の図面に全ての情報が集約されて良いのですが…
実際にはスペースの問題でそれは不可能に近いので、まずは平面上で符号をつけていき、その符号を持つ建具の仕様を建具表で詳しく説明していく。

そんな情報の流れで建具の詳細を表現していく事になります。

建具表の書式は設計者によって、というよりも設計事務所がそれぞれ持っている書式によって、様々なパターンがあります。
ただ、書式が設計者によって異なっているとしても、そこに記載されている情報はそれ程大きく変わってくる訳ではありません。

・建具符号

・建具を取り付ける部屋

・建具の基本仕様

・建具の有効巾と有効高さ

・数量

・建具の姿

・ガラスの情報

・付属金物の情報

・その他特記事項

建具表には大抵の場合上記のような情報が記載される事になります。
建具キープランによって、平面図上にある建具の符号を知り、建具表によってその符号を付けられた建具の細かい性能を知る事が出来る、という感じです。

建具表にパターンが重要なのではなくて、そこに記載された情報の方が重要になるので、上記のような基本仕様が記載されていれば書式はどのようなものでもOKです。
建具表がどのような感じになるのかというと、一例ではありますが、こんな感じで表現される事になります。

建具表

まずは建具キープランから建具符号を追っていき、該当する符号の建具がどのような仕様になっているかを表現することになる訳ですが…
上記の建具表を見ると、以下のような条件で建具が取り付けられる事が分かります。

事務室の出入り口にW750×H2000の鋼製ドアを取り付けて、ガラスを入れた扉にして、なおかつ防火設備の仕様。
これが建具表から読み取ることが出来る情報になります。

このあたりの情報は建具の基本的な情報になっていて、これが分からないとどうにもならない、という位に重要な情報になります。
その他にも付属金物として、ドアクローザーが取り付けられる事とか、レバーハンドルを取り付ける事などが建具表からは読み取れます。

ドアクローザー

ドアクローザーというのはこんな感じの金物で、開いた扉を自動的に閉めるようにサポートする為に必要な建具関連の金物です。
これがないとドアは開けたらそのままになるので、開き扉には付けておいた方が良い金物なのですが、ドアクローザーにも色々な仕様があるものなんです。

同じようなドアクローザーではありますが、「コンシールドタイプ」と呼ばれる、建具枠の中にドアクローザーが組み込まれた仕様というのも存在しています。
もちろんコンシールドタイプの方が見た目はすっきりするので、見た目だけを考えるとコンシールドタイプになるのですが…

コスト的にはかなり高額になることと、通常のタイプに比べるとやや耐久性に劣るという問題があるので、何も考えずに「全部コンシールドで」とかには出来ません。
あまりドアクローザーを見せたくない場所に限定して採用していくなどの方針を決めるのは、やはり意匠設計者という事になります。

こうした細かい部分まで意匠設計者として指定することが出来るので、色々なこだわりをもって記載していく図面になるのではないかと思います。

関連記事

  1. 図面
  2. 水
  3. アルミ建具
  4. 工場
  5. 大量の図面
  6. 平面図