• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

建具キープラン

今回紹介する意匠図は「建具キープラン」と呼ばれる図面で、平面図などに比べるとあまり一般的ではない呼び方になるかも知れません。
「建具」も「キープラン」も、一般的な会話では全然出てこない言葉になるはずなので、それらが組み合わさった建具キープランはなかなか分かりにくいですよね。

今回はまずそのあたりから考えてみることにします。

・建具 : 壁の開口部に設けられた窓やドアなどの総称

・キープラン : 案内平面図

という事で、ドアや窓などの案内平面図というような意味合いが建具キープランにはある、という事が分かります。
キープラン=Key+Plan という事ですから、それぞれの単語は全然難しくありませんが、この言葉がなぜ「平面案内図」という言葉になるのかを少し考えてみると…

Keyは鍵ではなく恐らく「解決の為の手がかり」というような意味合いになっていて、Planは平面図という事になります。
なので「手がかりとなる平面図」というようなニュアンスになり、それならば「案内図」と呼んでもおかしくはないか、というような感じです。

まあこのような理屈を並べてなくても「キープラン=案内図」で覚えてしまうのが一番早いかも知れませんが…
とにかく建具キープランというのは建具の平面案内図という事で、建物内の建具の仕様を説明する為に欠かすことが出来ない図面になっています。

具体的にはどのように建具キープランが活用されるかというと、平面図に対して全ての建具に符号を付けていく、というような使い方をします。
ベースとなる平面はそれほど詳しくなくて大丈夫なので、平面的に記載された建具に建具符号を付けて、建具の場所と符号の関係を表現していきます。

そうすると建具キープランはこんな感じの出来上がりになります。

建具キープラン

もちろんこの状態では建具に単純に符号が記入されただけなので、建具の仕様がどのようなものなのかは全然分かりません。
分かるとすれば、建具の種類ごとに付けられた符号によって、どのような建具が取り付けられるか、という情報くらいです。

AW → auminium window → アルミ窓

SD → steel door → 鋼製ドア

SSD → stainless steel door → ステンレスドア

WD → wood door → 木製ドア

などなど、建具の符号だけである程度建具の材質は分かってくるものなんです。
しかし建具キープランを見て読み取れる情報としてはこのくらいしかありません、

どんな大きさの建具なのかとか、具体的にはどのような建具の姿なのかとか、建具に必要な性能はどのようなものがあるのかとか。
そうした情報については、建具キープランだけでは分かりません。

あくまでも建具キープランは「案内図」ですから、建具の情報を記載している図面に案内する役目を持っているだけなんです。
だから建具キープランは単品では図面として機能することはなく、もうひとつの図面とセットになっている必要があります。

それが「建具表」と呼ばれる図面になります。
建具表については次回に詳しく取り上げる予定なので、ここで概要を説明することはしませんが、ここでまずは簡単な流れだけを説明してみます。

建具キープランを作図する目的は、平面図に建具符号を記載することによって、その建具にまずは番号を付けていくという事にあります。
そしてその番号と建具表とがリンクしていて、該当する建具の仕様が別図として読み取れるようになっている、という情報の流れに。

このあたりの流れは次回建具表について説明する際にもう少し詳しく取り上げていく事にします。

関連記事

  1. 平面図との比較
  2. ライトアップ
  3. 建物
  4. 建具表
  5. 構造床段差仕様
  6. エントランス