• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

経験を積んでスキルアップの流れ

設計者と施工者がお互いの知識と経験を出し合って、時には意見をぶつけ合いながら、見た目も良く性能も充分に満たしている建物を造っていく。
こうした流れで建物は造られていきますが、このカテゴリでは設計者と施工者との意見の違いというあたりに注目して話をしてきました。

設計者と施工者とで、お互いに少しずつ相手の意見を尊重しあいながら打合せを繰り返していき、施工を進めていく事になります。
こうした調整作業によって現場での施工方針が変わったり、既に施工してある部分が変更になったりするので、現場の進行を意識しながらの打合せが必要になります

打合せ

検討していく項目だけでもかなり難しいのに、その上期限が決まっている状態というのは、正直なところかなりハードルが高い場合もあります。
しかしだからこそ、実際に施工を進める前に図面で打合せをした上で、設計者と施工者との共通認識を持つ事が重要になってくるんです。

そうした様々な努力に対して、竣工を迎えた建物がその努力に見合ったものなのか。

建物を造っていく中で色々な努力をする事も重要ですが、それに対して結果が出たのかも同じくらい重要な要素になるはずです。
これは当事者である設計者や施工者が一番分かるはずで、コストの関係で妥協した部分とか、検討が上手くいかずあまり綺麗に納まらなかったなどは色々あるかと思います。

積み上げた経験がある状態で、もう一度同じプロジェクトを最初からスタートすれば、恐らくもっと素晴らしい建物が出来上がるはず。
建物が竣工してそれをじっくりと見ていくと、私はいつもそのような気持ちになります。

なぜここでもう少し細かく気を配れなかったのか、と思うような部分は結構あるものです。
しかし、実際に全く同じような建物を受け持つことはなく、今回の経験が全く同じパターンで生かされるというのはなかなか難しいものがあります。

次に受け持つプロジェクトになると、そこで与えられる条件は色々と変わっていて、新しい条件に適した設計や施工が求められる事になります。
それが前回のプロジェクトと同じになる確率は非常に小さい、というのが現実でしょう。

このように色々と違う状況の中で、今までの経験を少しずつ生かしながら仕事をしていき、さらに色々な経験を積んでいく。
という流れが仕事のサイクルになってくる訳です。

今までの経験が生きて上手くいく場合もあったり、逆に今までの経験が邪魔になって失敗をしたりなど、なかなか仕事というのは上手いこといかないものです。
経験を積めば積むほど自分に自信が出てくるのは良いのですが、あまり自信がありすぎると人の話を聞かなくなるなどの弊害もあったりして…

経験が多ければ多いほど良い、という訳でもないのが難しいところでもあります。

とは言っても、しっかりとした基本が出来上がっていれば色々な応用が利くことになるので、経験してきた事が全く役に立たないというような事はありません。
色々なことを経験している方であれば、問題がありそうな部分を事前に察知することが出来たりしますが、それも今までの失敗が生かされている訳です。

こうした状況を考えると、プロジェクトに関わる人の経験が多く、スキルが高ければ高い程、良い建物が出来上がる可能性が高い、ということになります。
「スキルが高い人が仕事をすれば成果が出やすい」という話は当たり前過ぎる話ですが…

結局は今自分が持っている知識と経験しか武器がない訳ですから、その武器を頼りにしながら仕事を進めていくしかありません。
自分が持っていないもので勝負することなど出来ない、というのは当たり前の話ではありますが。

時々自分では出来ない事について、簡単に出来そうな事を言う人がいますけど、そんな口先だけの話というのは一緒に仕事をしていけばすぐに分かってしまいますから。

関連記事

  1. くつろぎ
  2. 打合せ
  3. 特記
  4. ランク
  5. 作図の巾
  6. 立場の違い