• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

意匠設計者が優先する項目

前回は設計者と施工者との関係性について考えてみました。
納まりや方針などについて様々な判断を下す役割を設計者が担っている以上、施工者と設計者の立場というのはなかなか対等にはなりにくいものがあります。

だからと言って設計者が設計図に表現していない内容について、自由に色々と変更が出来るという訳ではありませんが…
それでもある程度の変更を「変更指示書」によってかけていく事になるので、主導権はどうしても設計者という感じになりがちなんです。

指示

書類の名前は会社によって少しずつ違うとは思いますが、「変更願い書」とかではなく「変更指示書」ですから。
これが設計者と施工者との関係性をある程度表しているのではないかと思います。

こうした関係性というのは、基本的にそのような方向性があるというだけで、場合によって少しずつ違う関係性になっていくもの。
一緒に建物を造っていく味方でもあり、お互いの主張をぶつけ合う相手でもあり、という微妙な関係を構築していく事になる訳です。

このあたりも仕事の面白みと言えるのではないかと思います。
こうした設計者と施工者との関係を意識しつつ、今回は意匠設計者がどのあたりを優先して考えていくのか、というあたりについて考えてみます。

これはかなり当たり前過ぎる話になると思いますが…
建物を建てるプロジェクトの中で意匠設計者が優先していくのは、やはりどうしても建物のデザインに関わる部分という事になってきます。

「ここは見た目を少し犠牲にしてでも構造体のサイズを大きくしておこう」というような発想は意匠設計のものではありません。
そのような考え方や発言をする方が建物の意匠を最終決定するような立場にいるのは、建物にとっても良い事ではありません。

建物の見た目についてあまり関心がない意匠設計者だとすると、その建物はちょっと不幸というかかわいそうというか…
建物の意匠的な部分やプランについて検討する役割を持っているのが意匠設計者ですから、建物のデザインに気を遣うのは当然の事だとここでは言いたいです。

建物を建てていく際には色々な要素が複雑に絡み合ってくる為、特に何も考えないで工事を進めてしまうと、結果としてあまり統一感のない建物が出来上がってしまう事に。
もちろんそれでも建物として最低限の性能を持ってさえいれば、それほど大きな問題もなく建物を利用していくことは出来るのですが…

しかしどうせなら見た目も重視した建物が良いですよね。

建物を利用する方にとって使い勝手が良い建物である事と、建物の見た目が美しいとかスッキリしている事と、施主が求める建物の機能を持っている事。
そうした条件を満たす建物を設計するのが意匠設計者の役割になる訳です。

そうした建物を目指す為には、建物の様々な部分について、細かくどのような方針で進めていけば良いかをじっくり考える必要があります。
また、建物をひとつのコンセプトに沿ってイメージしていくことも重要で、そうした役目を意匠設計者が担うことになります。

「建物のデザインを考える」という表現をすると、なんだか見た目だけをひたすら考えているようなイメージになってしまいますが、もちろんそんな訳はありません。
建物の使い勝手を考えたプランの作成をして、それが法的に問題ないかの確認、建物の性能が水準を満たしているかの検証など、意匠設計者の役割はたくさんあります。

そうした前提条件を満たしながら、なおかつ意匠的に優れた建物を造っていく、というのが意匠設計者として考えていく事になります。

関連記事

  1. 立場の違い
  2. 石頭
  3. 寸法
  4. 各設計者
  5. くつろぎ