• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

特記仕様書の上手い使い方

意匠設計者や構造設計者、そして各種設備設計者がそれぞれどんな事を重視して建物の設計を進めていき、施工段階に進んでいくのか。
前回はそのあたりの話について考えてみましたが、だいぶ当たり前すぎる話になってしまったような気もしています。

それぞれ設計者の担当がいくつかの分野に分かれている以上、それぞれの設計項目にフォーカスしていくのは当然のことですよね。
あとは意匠設計者を取りまとめ役として、それぞれの設計内容をどのように調整していくか、という段階を踏んで進んでいく訳です。

そうしてまとめられた設計図を元にして施工は進んでいく事になりますが、今回は設計図に必ず含まれる事になる「特記仕様書」について考えてみることにします。

特記

設計図には建物を建てていく上での基本方針が細かく書かれていて、その内容を確認しながら施工者は実際の施工を進めていくことになります。
そう言った意味で、施工を開始する段階で施工者に対して設計図が発行される訳です。

発行された設計図を元にして施工を進めていく段階になると、色々な打合せによってさらに詳細を煮詰めていく必要はあります。
そう言った意味では、基本的に設計者の考えは全て設計図に記載してある、という事が前提条件になっている必要があります。

設計者としての考え方を伝達する道具として設計図が存在する、ということで考えると、やはりそうなっていないと話が進まない訳です。
ただ、建物の本当に細かい部分まで全て設計図に入れていくと、図面の枚数は本当に膨大な量になってしまい、それをまとめていく手間も非常に大きなものになります。

「手間が大きくなってしまい大変」というのはちょっと理由としては弱めではありますが、仕事というのは基本的に時間制限があるものです。
全ての考え方を設計図に表現するという理想的な状態を目指すには、現実を考えるとなかなか時間が足りないという事になってしまうんです。

もう少しはっきりと書いてしまうと、設計図に全ての考え方を記載していくのは不可能というか、あまり現実的ではないという事になります。

現実的な視線で考えると、設計図として詳細を用意出来るのはメインの見せ場だったり水回りなどの複雑な部分だけということに。
そうなると、それ以外の細かい部分については表現しきれない、ということになってしまいますが、それでは施工者側も見積りすら出来ないことになり困ってしまいます。

設計図のどこにも記載がないので見積りに入れられない、という状態になってしまうと、後々コストの面で問題になってしまいます。
コストが読めないと契約も出来ない事になってしまうので、何も進まないという状態になってしまう可能性があって、ちょっとそうした事態は避けたいところ。

そういった困った状態になっらない為に、ということで活用されるのが「特記仕様書」です。
ちょっと前置きが長くなってしまいましたが、ようやく話題が本題である特記仕様書についての話に進んできました。

特記仕様書には建物を構成する様々な部分の仕様が細かく記載されていて、図面に記載されていない部分については基本的に特記仕様書を参照していくことになります。
この「図面に記載されていない部分については」というあたりが微妙ですが、とにかく特記仕様書はそのような使われ方をする訳です。

具体的にはどんな事が特記仕様書に書かれているかというと…

・共通項目として設計図書の内訳や優先順位

・必要な図面の種類や竣工図についての記載

・工事中に作成する見本の箇所

・各工事ごとに必要な性能などの表記

というような感じの内容が記載されています。
特記仕様書の使い方についての話は次回にもう少し続きます。

関連記事

  1. 打合せ
  2. 作図の巾
  3. 主張
  4. マニュアル
  5. 打合せ
  6. 立場の違い