• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

見た目だけ良ければOKではない

意匠設計者が優先するのは建物のデザイン的な部分になりますが、そうしたデザインに加えて建物に必要な性能も満たしていく必要があります。
という話を前回は取り上げましたが…

建物がどのように見えるのかというデザイン的な部分と、建物の使い勝手や基本的な性能というのは、どちらかを立てるとどちらかが満たせない、というような種類のものではありません。
なので、ある程度建物として求められる性能を満たしつつも、見た目も良い建物を造っていく事を目指して調整をしていく事が可能なんです。

建物に求められる性能とはどのような種類のものなのかというと…

・建物としてまずは雨が降った時に水が室内に入らない

・屋外と屋内との温度差などによって結露で壁が濡れたりしない

・建物外の騒音がそのまま建物内に入らない

など、結構当たり前のような項目が挙げられます。
建物を利用していく中で当たり前と感じる部分というのは、その当たり前が崩れるとあまり気持ちが良くないという事を意味しています。
それはつまり、建物として必須という感じの性能という事が言えるでしょう。

こうした建物として結構当たり前の項目をどんどん羅列していくと終わりがないし、あまり意味がないのでやめておきますが…、
非常にざっくりとした表現をしてしまうと、建物を利用する方が快適に過ごせるような性能が建物には求められるという事になります。

くつろぎ

書くのは簡単で実行するのは難しい事ではありますが、建物というのは基本的な性能を満たした上でデザインなどを考えるべきではないか。
様々な意見があるとは思いますが、少なくとも私はそのように考えています。

もちろん人の考え方は多様ですから、建物の性能は最低限にしてデザインを最重要視するという考え方があっても否定をすることは出来ません。
ただ、そうした方針が果たして施主の要望に添っているか? という事を考えた時に、ちょっと私としてはそこまで突き抜けた方針を持てないです。

ここで一例としてコンクリート化粧打放し仕上について考えてみます。

建物の見た目だけを考えると、室内のコンクリート化粧打放し仕上壁は非常に美しい仕上がりで、写真を撮っても映える仕上だと言えます。
ちょっと陳腐な表現をすると、オシャレなイメージがコンクリート打放し仕上にはあります。

しかし、コンクリート化粧打放し壁を外気に面する部分で採用すると、コンクリートがそのまま仕上となる為、断熱材を部屋内側に吹付けることが出来ません。
そうすると、外気温や室内環境などの条件によては、壁が結露によって常に濡れている状態になってしまう可能性がある訳です。

建物が竣工した直後であれば、やはり見た目は美しいですから、コンクリート化粧打放し仕上の壁は良いかも知れません。
しかし人がそこに住んだり、仕事をする為に滞在する空間だったりする場合には、最初は美しいというだけではダメなんですよね。

結露しやすい壁面があったとして、どんな対応をするかというと、建物を運用している段階では、もしかしたら化粧打放し壁の足元には雑巾が敷き詰められているかも知れません。
これはさすがに見た目が悪すぎで、せっかくのコンクリート化粧打放し壁が台無しです。

また、水が常にある場所にはカビなどが発生しやすく、意匠的に優れていないだけではなく、とても衛生的ではないということにもなりかねません。
いくら竣工写真が美しくても、そうした運用の現状を見るとデザインも何もないですから、やはり建物は必要とされる性能を満たしつつデザインを考えていく必要がある訳です。

どのような建物を造っていくかの方針を考えるのは設計者ですから、実際に建物を運用する側の事を考えた建物を設計していきたいものです。
そうした考え方に施工者も賛同して、一緒に同じ方向を向いて美しくて機能的な建物を造り上げていく、というのが理想ではないかと思います。

関連記事

  1. 打合せ
  2. 立場の違い
  3. 立場の違い
  4. マニュアル
  5. 協力
  6. 各設計者