• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

意匠設計の業務

建物を設計していく段階で、構造設計・電気設計・空調設計・衛生設計がどのような仕事をしていき、それぞれがどのように絡んでいくのか。
というあたりの話を前回までの説明で取り上げてきました。

構造体や各種設備という要素は、建物を構成する要素としてどうしても欠かす事が出来ないもので、その設計は非常に重要なものだと言えます。
それと同じくらい重要な要素として意匠設計がある、という事で、今回からは意匠設計の業務について色々と考えてみたいと思います。

意匠設計が検討していく内容を大雑把なくくりで表現してみると、建物の形状を検討するというようなイメージになってきます。
建物の形状というのは何もデザイン的なものだけではなく、もっと全般的な部分を含んでいるので、意匠設計の役割はかなり広範囲になります。

例えば各階の平面プランをどのように計画していくのか、という部分も意匠設計が検討・調整していく事になります。
そうしたプランによってどこに水廻りが必要になってきて、コンセントがどこに欲しくて、この部屋には空調が必要になるなど、様々な要素に影響を与えることになる訳です。

プラン検討

このような絡みがあるので、意匠設計と各種設備設計との調整はどうしても必要になってくる、という事が分かってくると思います。
もちろん構造設計との絡みもあります。

構造設計が検討する「建物が構造的に成り立っているか」という話は建物としての前提条件になりますから、それを前提として、使い勝手の良い室内プランを検討していく事になります。
このあたりは意匠設計と構造設計との調整によって、建物の見た目が良くなる事もあるし、調整が足りなくて今ひとつの場合もあるでしょう。

建物の見た目とか使い勝手を色々考えていくと、柱や梁などの構造体をなるべく目立たないようにしたくなってくるものです。
もちろんそれは状況によって少しずつ違ってくるものですが、壁面が凸凹しているよりも、フラットに納まっている方がスッキリ見えるのは間違いありません。

そうして建物のプランを検討していく中で、この部分は意匠的に力を入れたい、というような場所が色々と出てくる事になるはず。
例えば建物のメインとなる出入口まわりなどは、多くの方がその建物に入る際に目にする部分ですから、やはり見映えを気にしておきたいところです。

建物に入った際には上部が吹抜けているとか、仕上材に石を使ったりするなど、デザインとしては色々な事が考えられます。
上階の床をなくして吹き抜けをつくる等はよく使うやり方ですが、よく使われるだけあって吹き抜けは開放感があって非常に良い感じに仕上がります。

このように「意匠的にここは吹き抜けにしたい」という場所がある場合には、意匠設計と構造設計とで調整をしていき、床と梁をなくしていく検討を進める事になります。
後から吹抜けを設けるのは難しいものがありますが、設計段階から吹き抜けを計画しておけば、構造体としては問題なく処理することが可能なんです。

吹き抜け以外の部分でも、例えば空間として大きく使いたいから柱を少しずらしたいとか、天井高を大きく取りたいから上階の床と梁レベルを上げるなど…
意匠設計が計画していく建物の形状にあわせて、可能な限り構造設計が条件を満たした構造体を検討していく、という場合が結構多いかも知れません。

こうして建物の平面プランや意匠的にどう見せるかなどの計画を進めていき、それに合わせて構造設計や設備設計などと調整しながら建物の設計を進めていくのが意匠設計の役割になります。
一般的な話になりますが、建物の設計というとそれは自動的に意匠設計だと思われてしまう、というくらいに意匠設計はよく知られた職種ではないかと思います。

関連記事

  1. 建物の構造
  2. ビジネス
  3. 水栓
  4. 建築の法規
  5. 図面
  6. 建具と鉄骨