• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

構造設計・設備設計まとめ

前回までの話で、構造設計や各所設備設計についての概要と、どのような業務なのかについて説明をすることが出来ました。
このような感じで建物は様々な要素について計画と検討調整を繰り返して、それを実際の設計図に反映していくことで少しずつ進んでいきます。

構造体や電気設備や空調設備、そして衛生設備など、建物として絶対に必要となる機能的な部分がまずはきちんと検討されていること。
これが建物の前提条件ということになり、その条件を全て満たした上で使い勝手の良いプランや優れたデザインなどを検討することが出来ます。

優先順位としてはそのような順番になるかと思います。

こうした様々な要素を総合的に検討しながら建物を計画していく業務を設計と呼び、スムーズに設計を進める為には色々な絡みを検討・調整していくことが必要になります。
建物についての色々な検討を進める為には、検討する側が建築・設備・構造など様々な分野の知識を持っている必要があります。

ちょっと簡単に書いてしまいましたが、様々な分野についての知識を持つという事は、それ程簡単な事ではありません。
その為には勉強と経験が必要になってくるはずで、なかなかに奥が深い仕事だと言えるのではないかと思います。

建物つくり

構造設計が建物に必要なフレームを検討して、その中で意匠設計者が建物のデザインを細かく検討していき、建物を快適に使えるための設備との調整を進めていく。
そんな感じで建物を建てるプロジェクトの設計業務は進んでいく事になり、その中でどれが欠けたとしても満足される建物は完成しません。

建物を人の体で例えると、構造設計は骨組み、意匠設計は筋肉、設備設計は血液という感じになるのではないかと勝手に思っています。
いくら骨格が頑丈でも血液が流れていないとダメですし、筋肉が発達して血液がきちんと流れていたとしても、骨が貧弱であれば人は体を維持することが出来ません。

まあ少々極端なたとえではありますが…

建物の場合でも同じような話が言えます。
構造設計で骨組みをしっかり検討して、意匠設計で使い勝手の良いプランと優れたデザインを両立させたとしても、それだけでは単に巨大なコンクリートの箱を造っているだけなんです。
それでは建物としては機能しているとは言い難いですよね。

人の体には当たり前のように血液が流れているのと同じで、建物の中には様々な種類の設備が計画されている必要がある、ということです。
建物の中に様々な設備を組み込んでいくことで、ようやく建物を利用する人が便利に使える建物として機能するようになる訳です。

こうした話は割と一般的な話ですから、わざわざ人体に例えて説明をしなくても、皆さんご存じだとは思いますが、ここではあえて設備の重要性を欠かせてもらいました。
建物の中で設備がどれくらい重要なポジションを占めているのかは、今自分が住んでいる家のことを考えればすぐに分かるのではないかと思います。

あまり良い例ではありませんが、夜になっても照明がつかない家、コンセントが家中を探しても見つからない家、エアコンが設置されていない家、水やお湯が出ない家などなど。
この中でどれかひとつでも該当するものがあったら、おそらく生活していくには非常にに不便でどうしようもない状態になってしまうでしょう。

電気も空調も水も、我々が生活をしていく上で必要不可欠なものばかりで、使うことが出来て当たり前という存在になっています。
しかしそうした認識が成り立つのも、電気・空調・衛生それぞれの設計者がきちんと検討しながら設計をしているからなんです。

関連記事

  1. 水栓
  2. 承認
  3. チェック
  4. ビジネス
  5. 図面
  6. プラン検討