• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

基本設計で作図する図面

建物を設計する際には、まず「基本設計」と呼ばれる段階からスタートする、という話を前回は紹介しました。
予算や敷地や建物の用途など、様々な縛りがある中で出来る限り使い勝手の良い建物を計画していく事が設計者の役割になります。

予算や敷地に上限はなく、どのようなプランでも実現出来る、というような夢のような話は現実として絶対にありません。
なので与えられた条件の中で、少しずつ妥協をしていき、それでも出来るだけ良い建物を造ろうと色々と知恵を絞っていく事になります。

そんな設計を進めるにあたっては、まず建物の基本形状を決めていき、そこからさらに細かい部分を詰めていくという順番で検討をしていく訳です。
建物の基本形状を決めるというあたりが基本設計の役割になってくるので、今回は基本設計段階で作図する図面について少し紹介してみる事にします。

基本設計段階で作成する図面はそれほど多くはありません。
それはなぜかと言うと、まだはっきりとしたプランが決まっていない状況で、煮詰まっていないものを細かい図面にしていくのは無駄が多いからです。
これは実際に業務をやってみると実感することではないかと思います。

これからプランを決めようとしている今の時点で、細かい部分を表現する図面をたくさん作成していくと、プランを調整するたびに大量の図面修正が発生してしまいます。
それでは図面対応に追われるだけになって、肝心の設計業務が進まなくなってしまうので、まずは必要最小限の図面をきちんと作り込んでいくことになります。

図面

こうして基本設計段階で作図する図面について、ここでは簡単に紹介していく事にします。

○配置図

建物を建てる予定の敷地に対して、建物がどのように配置されるかを表すのが配置図で、簡単に言うと「敷地のどこに建物を建てるのか」を表現する事になります。
建物の面積と敷地面積の関係というのは、ある程度法律で決められているものですから、それを意識して建物の配置を決めていく必要があります。

建物を出来るだけ大きく造りたい場合には、敷地いっぱいに建物を建ててしまうのが良いような気がしてしまいますが、実際にはそれは法的に許されません。
まあ実際にそんな建物を造ったら不便な建物になってしまうのですが…

敷地に面する道路から建物までをどのように造って人を建物まで呼び込むのかなど、検討すべき項目は非常に重要なものばかりです。
配置図の見た目はそこまで複雑にはなりませんが、そのあたりの検討を重ねた結果として建物の位置が決まっている訳です。

シンプルな配置図を作図する為には、事前にかなり複雑な検討をしておく必要があるという事で、配置図は建物にとって非常に重要な図面という事になります。

○仕上表

仕上表というのは、建物の各室をどのように仕上げていくかを表す図面で、壁・天井・床・巾木の仕上をそれぞれの部屋ごとに表現していきます。
仕上表という名前の通り、この図面はリスト形式になっていて、通常の図面は違う雰囲気になりますが、建物の最終的に見え方を決める非常に重要な図面です。

この図面に記載されている内容によって色々な下地位置が決まってくる事に。
例えば床仕上材がタイルと記載されていたら、タイルを張って床天端レベルがFL±0になるように、床コンクリート天端レベルを下げておくとか。

そうした対応は色々とあり、それを仕上表ベースで調整していくことになります。
細かい検討はさておき、建物のプランと仕上表があれば、建物の形状とそれぞれの部屋をどのように仕上げるかの表現が出来る訳です。
基本設計段階でなくてはならない図面だというのは何となく分かると思います。
基本設計段階で作図する図面の種類はもう少しあるので、次回に話は続きます。

関連記事

  1. 建物つくり
  2. チェック
  3. ビジネス
  4. 水栓
  5. 承認
  6. マンション購入