• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

ダクトと天井裏スペースの関係

建物を設計していく細かい項目の中で、空調設計がどのような役割を担っているか、というあたりの話を前回は取り上げました。
空調機や換気や排煙など、空気に関する設備は基本的に空調設備になるので、空調設計で様々な計画をしていく事が求められます。

ただ、当然空調だけで設計を進める訳にはいかないので、建築工事や衛生設備、電気設備との調整が必要になってきます。
特に問題になるのが天井裏スペースにダクトをどう納めるかというあたりの話で、今回はそのあたりについてもう少し説明を続けてみます。

換気や排煙などで空気を建物外から建物内に、あるいは建物内から建物外に移動させる為には、空気の通り道となるダクトが必要になります。
ダクトのイメージはこんな感じのものになります。

ダクトのイメージ

銀色の丸い形状のものがダクトで、四角い場合もありますが、その中に空気が通ります。
上記の写真は天井を貼っていない状態で、場合によってはこうして綺麗にダクトを見せる場合もありますが、基本的には天井裏に隠していく方向で調整をしていく事になります。

最近の建物では階高を低く抑える傾向にあるので、その結果として天井内のスペースが狭い場合が非常に多くなっています。
そうなると当然天井内のレイアウト検討はかなり厳しくなってしまう事に…というあたりの話が最も空調で難しい部分になります。

天井内にダクトが納まらない場合は多々ありますが、そうした場合には天井の高さを下げるなどの処置がどうしても必要になります。
もしくはダクトサイズを小さくする事も考えられますが、これはあまり現実的ではなくて、ダクトを露出させる訳にもいかないので、やはり天井を下げるしかないんです。

天井の高さを下げるという話になると、見え方を含めて色々な部分に影響が出てきますから、意匠的に無関係とも言えないんです。
意匠を担当していると、勝手に天井を下げる検討をしないで欲しいと思ったりするのですが、空調設計からすると元々無理のある条件だったりする訳です。

どちらが悪いとかそういう話でははく、元々厳しい条件の中で最善を目指していく事になる場合が多い為、細かく調整が必要になるという感じです。
そうした経緯から「どうしてもこの範囲の天井を下げないと厳しいけど、意匠的にここは下げたくない」というような調整が結構出てくることになります。

このような調整が必要になるのは、あまりスペースがあるとは言えない天井裏に対して、それなりの大きさがあるダクトが入るからなのですが…
どうして空気の通り道であるダクトをそこまで大きくしておく必要があるのか、という部分でちょっと疑問に思うかも知れません。

しかしダクトの大きさは通る空気の量によってある程度決まってしまう為、無理矢理小さくすることが出来ないという理由があるんです。
仮にたくさんの空気が通る計画のダクトを無理に小さくした場合、小さいダクトに大量の空気が通る事になり、自然とダクト内の風速が速くなってしまいます。

風速が速くなってしまうと、空調機の場合は直接風があたる感触に不快感をもたれることになり、排気や給気などの場合は空気が出る部分で音が出てしまう事に。
いずれにしても建物を使用する人にとって不快な状況になる為、空調設計でダクトやガラリなどを計画する際には、最大風速という条件を守りながら設計を進めていくことになります。

こうしたさまざまな条件を踏まえて、建物の全館に空気を送り込んだり、逆に空気を外部に排出したりする設備を検討していくのが空調設計になります。
建物を利用する側にとっては、基本的に建物が完成した後の状態しか見ることが出来ませんから、どのくらい空調設計が天井裏のスペースで苦労をしたかが分かりませんが…

恐らく色々なルートを検討して、なおかつメンテナンスが出来ることを確認しつつ、空調の施工者とも打合せを重ねて出来上がった天井裏なんです。
こうした空調設計の苦労があってはじめて、建物を快適に利用することができる訳です。

関連記事

  1. ビジネス
  2. 建築の法規
  3. 図面
  4. 図面
  5. 打合せ
  6. トイレ