• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

建築関係の業種について

「まとめ」という割には話が長くなっていますが、建物が計画段階から実際に施工されて完成し、その後の運用が開始されるまでの流れについて前回までで取り上げてみました。
今回はまとめの終わりという事で、建築関連の業務について少しだけ考えてみることにします。

どのような規模であっても、建物が計画段階から施工段階を経て完成に至るまでに、様々な企業がそのプロジェクトに参画することになります。

建築関係の仕事をしている方であれば、それぞれの仕事に合った何らかの形でそうしたプロジェクトに関わることになるはず。
もし今これを読んでいる方が、これから建築関連の仕事に就くことを考えているのであれば、どのような形で建物を造る流れに絡むのかを想像してみて頂ければと思います。

建築に関わる仕事には色々な種類があって、その中でどのような仕事を選んでいくのか、という話はきっと将来に大きく関わってくる事ですよね。
ただし、途中からは目指す事が難しい業種もあるので、もし学生の方であればある程度慎重に業種を選んだ方が将来の為になるかも知れません。

ただ、どのような職種を選んだとしても、完全に後悔する事のない決断というのは少ないというのが現実ですから、色々経験してみるのも良いですが…
先ほども書いたように、後からは選択しにくい業種もあったりして、どのような判断が正解なのかというのは難しいものがあります。

このあたりの判断については人によって色々な考え方があります。
なので「ぜひとも設計者を目指しましょう」とか「ゼネコンの業務が一番面白いです」などという無責任な事を言うことは出来ないんです。

建築

私自身も今現在の仕事が正解だったのかという確信がある訳ではないですし、それは私以外の方でも似たようなものではないかと思います。
自分がなりたい仕事というのは人によって違いますし、自分の要望している仕事がかならずしも自分に向いている訳ではないという困った現実もありますから。

ここで建築に関わる仕事をざっと取り上げてみると…

何もない敷地の状態から、施主の要望を反映させつつ建物の概要を煮詰めていくという設計者の仕事に興味を持つ方も多いのではないかと思います。
あるいは、設計図という基本指針を元にして実際に建物を造っていく施工者であるゼネコンの仕事に面白みを感じる方もいるかも知れません。

それ以外にも建物に関わる仕事は本当にたくさんあって、実際に自分の体を動かして施工をする仕事の方に興味が向く方もいるでしょう。
こうした実際の施工には工事の種類分だけ職業があって、型枠を加工する大工さんや鉄筋を組み立てる鉄筋屋さん、金物を取り付ける金物屋さんなどなど…

建物を実際に施工していく為には本当に様々な職業が必要になって、それぞれが建物を完成させる為にプロとしての仕事を進めていく事になります。
このように実際の建物の施工を進める職人さんという仕事が、建築関連の中で最も割合が多い仕事ではないかと思います。

ちょっと変わったところでは、設計図の情報をさらに細かくしていく施工図という仕事に興味を持たれる方もいるかも知れません。
これはその人の性格によると思いますが、設計図から施工図を作成して、図面としてきっちりと纏めていく仕事はかなり特殊なスキルが求められる仕事ではないかと思います。

こうした様々な建築関連の業務があって、その中から自分で興味がある分野の仕事を調べるとか実際に働いてみるなどの選択をしていく訳です。
企業の規模にもよりますが、上記で説明してきた中では設計者である設計事務所と施工者であるゼネコンとが、やや入り込みにくい企業ではないかと思います。

なので、例えば意匠設計でどうしても大きなプロジェクトに携わりたい場合には、建築系の大学を出たあとで就職活動の目的を意匠設計にするなどのやり方をした方が良いでしょう。
しかし例えば他の業種で今まで全然別の仕事をしてきた方が、45歳から意匠設計を仕事にしたいという場合は、一気に実現が難しくなってきます。

そのあたりも少し考えて、建築関係の仕事でどのような職種に就くのかを意識していくと、今から何をすべきかが見えてくるのではないかと思います。

関連記事

  1. 時間制限
  2. 自宅と家具
  3. 図面作図
  4. 完成
  5. 地鎮祭