• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

実施設計(じっしせっけい)での業務

前回は建物の基本的な方針を決める為の「基本設計」について、具体的にどんな図面を作図していくかも含めて説明をしてみました。
細かい部分の検討を基本設計の段階で進めても、手戻りになる可能性が高いので、まずは建物の位置やプランや高さなどを決めていくという流れになります。

そうした基本設計での検討によって、ある程度建物の形状や高さなどの方針が決まってきたら、そこで検討した内容をもう少し具体的にしていく段階に進みます。
それが今回取り上げる「実施設計」という段階です。

実施設計

どのような建物を計画しているかを表現する図面は、基本設計段階では平面図・立面図・断面図・矩計図などの「一般図」と呼ばれる図面でした。
もちろん一般図は建物の方針を示す為に必要な、非常に重要な図面ではありますが、一般図だけでは細かい部分までを表現することは難しいです。

なので、基本設計の次のステップである実施設計段階では、建物についてもう少し具体的な表現をしていく為に、必要な図面が結構増えていきます。
必要になる図面は建物の用途などによって少しずつ変わってくるのですべてを取り上げることは難しいのですが、主に以下のような図面を作図していきます。

・平面詳細図 : 平面図より細かくプランを表現した図面

・展開図 : 各室を横から見た図面で壁に取付くものを表現する

・各室詳細図 : トイレや浴室などのちょっと特殊な部屋を表現した図面

・建具表 : 建物に取り付けるドアや窓などの大きさや仕様を全て表現する図面

・部分詳細図 : 意匠的に重要になってくる細かい部分の納まりを表現した図面

実施設計段階で作成する図面は上図のような感じになっていて、項目としてはあまり多くはありませんが、図面の枚数としてはかなり多くなってくると思います。
それぞれの図面を、基本設計段階の図面と整合を取りながら、たくさんの枚数を作図していく事が求められる訳です。

これはかなり控えめに表現しても、結構大変な作業だと言えるでしょう。

実施設計の段階に入って細かい部分を表現してみたら、一般図で表現していたような関係で納めることが難しい、という事が分かったりする場合も。
それこそが細かい部分を図面で表現していくことの意義なので、このような微調整をしながら設計の業務を進めていく事になります。

そうした色々な調整の結果として、先に作図していた一般図も合わせて修正しなければならない、みたいな状況になる事も多いです。
まだ設計段階なので色々な変更がありつつも、それに合わせて最終的には色々な種類の図面を修正してまとめていく事になります。

当たり前の話ではありますが、作成する図面が増えていくに従って、計画を変更した際に修正しなければならない図面の枚数はどんどん増えていくことになります。
だからこそ基本設計段階では、少ない枚数の一般図で検討や調整を進めた訳ですけど、いつまでも一般図だけという訳にもいかないんですよね。

ということは、図面修正の仕事はどんどん大変な方向になっていく訳ですけど、まあこれはある程度仕方がない話なのだと思います。
細かい部分を表現することで見えてくることも当然ありますから。

という事で…実施設計の段階では、基本設計で作成した一般図をベースにして、もう少し細かい部分の表現した図面を追加していく事になります。
図面を追加していく段階では、一般図も含めて図面を修正していく事も結構あるので、作業としてはかなりのボリュームになっていくはず。

ただ、ある程度の変更は出てくるのは当然のことなので、より良い建物を造る為に、色々な変更調整をしながら実施設計の業務は進められていくことになります。
こうして実施設計の業務が完了した段階で、施工者に設計図書として資料を一式発行する事になる訳ですが、このあたりの話は次回に続くことにします。

関連記事

  1. 建築
  2. チェック
  3. 照明
  4. 建築図面
  5. 見積
  6. 自宅と家具