• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

設計者と施工者の立場

前回は施工段階に入った時点での設計者と施工者の業務について、非常に簡単にではありますが色々と説明をしてみました。
設計者も施工者も施工段階になるとかなり多忙になってきて、ちょっと業務の量が多すぎるのではないかという気がする場合もあります。

もちろん業務が多くて忙しいというのは建築業界に限った話ではないと思いますが…
それでももう少しなんとかならないものかと感じる事も結構あります。
建築のプロとして、仕事が忙しいというのは恐らく悪い事ではないので、あまり忙しい状態を嫌わない方が良い、というのが理屈なんですけどね。

さて、そんな愚痴っぽい話はさておき。

設計図を作成して施工者に発行した設計者は、施工が設計図に沿って進められているかを確認していく業務を受け持つ事になります。
施工者は工事を進めるにあたって「施工図」と呼ばれる図面を設計図ベースで作成しますが、その施工図が設計図の考え方に沿っているかチェックする業務もそこには含まれます。

設計図は確かに建物の基本方針が記載されている図面ではありますが、設計図だけで施工を進めることが難しい以上、施工図の内容をチェックするのはどうしても必要な業務なんです。
また、工事が施工者のスケジュール通りに進められているかを確認していく業務もあって、設計者はなかなかに忙しい状態になる場合が多いです。

忙しい

もちろん施工者も設計者にチェックしてもらう為の図面を用意する必要があり、さらには実際に施工を進める為の業務も膨大にあるので、同じかそれ以上に忙しくなります。
設計者と施工者とで忙しさを競っても仕方がないのですが、まあどちらも困ってしまうくらい忙しいことは間違いありません。

忙しい理由としては、人員が足りないというシンプルな理由が一番大きいのですが、シンプルな分だけ解決方法もシンプルになる為、解決のハードルはかなり高めです。
しかも自分の工夫や能力で解決することが難しいので、忙しさの原因が分かっていても解決できないというストレスもあったりして困る場合も。

もちろん仕事ですからプロとして自分で出来ることは全力でやる、というスタンスで仕事に臨むのが理想的ではあります。
ただし自分でこなせる物量をはるかに超えてしまった場合には、それを全部こなそうとすると自分がつぶれてしまう可能性があるので注意が必要です。

いくら仕事が大事だと言っても、自分の体よりも重要であるはずはないので、どこまでを自分の責任だと思って取り組むかのバランス感覚は非常に重要です。
何のために仕事をしているのかは人によって違ってくるものですが、少なくとも体や気持ちを軽視してまで仕事を優先する必要はないと私は思います。

また、設計者と施工者の立場について考えてみると…

契約のパターンは様々ではありますけど、施主から設計を請け負う企業と施工を請け負う企業に分かれていて、設計者と施工者は立場としては対等ということになります。
ただしここが少し微妙なところで「施工者がちゃんとやっているかを確認する」という役割を持っている設計者の方が、何となく上の立場になっているような感じもあります。

基本的に施工図は設計者から承認されない限り、該当する工事を進めることは出来ませんので、何となく以下のような会話のイメージがあったりします。

施工者:「来週から施工に入りたいので何とか図面承認をお願いします」
設計者:「いやいや、こんな図面では承認は出せないな…」

まあこれはちょっと偏った表現かも知れませんけど…こうした風潮は少なからずあって、恐らくこれからも変わらないのではないかと思います。

建築的な納まりを最もよく知っているのはやはり施工者です。
現場を知っているというのは知識としては圧倒的に有利なのですが、監理する側とされる側という立場を考えた時に、少なくとも対等な立場ではないと感じることは時々あったりします。

まあこれは私が勝手に感じたことを書いているだけですから、建築関連の仕事全てにこうした話があるかどうかは分からないですけど…
設計者と施工者はそうした役割分担と微妙な関係性を持ちながら、建物の竣工を目指していくことになります。

関連記事

  1. 照明
  2. 建物と地図
  3. 重機
  4. 現場管理
  5. 施工図