• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

ゼネコンが管理しているもの

建物を建てていくという施工段階の中で、施工全般を請け負っているゼネコンが具体的にどのような役割を担っているのか。
前回はそのあたりの話を取り上げてみました。

ゼネコンが担う具体的な業務を見ていく中で、単純に工事を細分化して専門業者に工事を発注するだけの業務では済まない、という結構当たり前の結論に至りました。
建物全体の施工を請け負うという事はやはりそう単純な事ではないんですよね。

ゼネコンが施工段階で管理していく必要があるのは、こうした工事の発注や様々な工事の取り合い調整だけではありません。
という事で、今回はゼネコンが管理していく様々な項目について考えてみる事にしましょう。

建物を造っていく段階では様々な工事があって、例えば重量のあるものを移動させる為にクレーンなどの重機が入ったりします。
また、資材を目的のフロアまで運んでいく為に、あえて部分的に床コンクリートを打設しないでおき、その開口から資材を搬入する計画を立てたりもします。

重機

そもそも鉄骨工事の時には床そのものがない状態ですから、移動の為には鉄骨の上を歩くしかない状況になっています。
ここで何が言いたいのかというと、建物を施工している段階では高いところから落下したり、重量のあるものが落下してきたりと、危険な状態になりがちなんです。

よく工事現場では「安全第一」と書かれた旗やポスターなどが貼ってあったりしますが、安全を第一に考えないと危ない、というくらいに現場は危険な場所なんです。
そうした危険な工事現場だからこそ、実際に作業している方が怪我をしないように気を配り、時には危険な事をしている人に厳しく注意したりする必要があります。

こうした安全管理もゼネコンの大きな仕事のひとつだと言えるでしょう。

また、工事現場で発生する廃棄物を適切に処理するのもゼネコンの仕事です。
廃棄物を処理するにもコストはかかりますから、出来るだけ廃棄物が少なくなる、つまりコストを抑えていく事を計画するのもゼネコンの仕事。
…という感じで色々と書きましたが、ゼネコンが受け持つ業務はかなり多岐にわたるものなんです。

建物を建てるプロジェクトが設計段階から施工段階に入った際に、設計者と施工者がどのような役割を果たしていくのか、というような事を今まで書いてきました。
もちろん設計者の役割は非常に重要なポイントになってきますが、やはり施工段階では施工者であるゼネコンが果たす役割がかなり大きくなってきます。

ゼネコンが建物を施工していく段階で、自分たちが管理していくべき項目を表した言葉として「QCDSE」というものがあります。
管理していく項目の頭文字を並べただけで、分かりやすい言葉になっている訳ではありませんが…項目としては結構分かりやすくはなっていると思います。

 : uality (品質)

 : ost (コスト、費用)

 : elivery (工期)

 : afety (安全)

 : nvironment (環境)

高い品質でなおかつ地球にも配慮した建物を、工期を遅らせることも事故を起こすこともなく造っていき、無駄な工事をしない事によって利益を出す。
簡単に言うとそうなりますが、もちろん上記の条件を全て満たしながら建物を造っていくのは、並大抵の事ではありません。

こうした建物を造ることがゼネコンの目標であり、その為にゼネコンは優れた人材と蓄えてきた経験や知識を総動員して業務にあたっているんです。
建築業界の基本的な流れである元請けと下請けというスタイルや、相見積もりによる業者選定のやり方だけを見てしまうと、元請けは楽をしているとか思ってしまうかも知れませんが…

もちろんそのような単純な話のはずはありません。

実際の施工は別の企業に依頼するけれど、その品質や工程に対する責任はゼネコンが負うことになる訳ですが、これは非常にプレッシャーが大きく大変な立場だとも言えます。
こうした大変な業務を、建物を建てようとしている施主側の企業や個人が出来るかと言うと、やなり非常に難しいのではないかと思います。

だからこそ施主は施工をゼネコンに発注して、それぞれの専門工事や工程などの管理を任せるという現在のスタイルが浸透している訳です。

関連記事

  1. 建物の竣工
  2. 地鎮祭
  3. 電気設備
  4. 図面作図
  5. 時間制限
  6. 具体的な図面