• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

設計図が施工者に対して果たす役割

建物を建てるプロジェクトの初期段階で設計者がどのような役割を果たすのか、というあたりの話について今まで色々と書いてきました。
専門業者に設計協力をしてもらいながら、大まかな部分と細かい部分とあわせて少しずつ建物の形を具体的にしていくことになるという話でした。

こうして施主の要望などを取り入れつつ検討した考え方を全て設計図に表現していく、という作業が設計者にとって最初のステップになっていきます。
色々と苦労しながら作成された設計図が実際どのような役割を果たしていくのか、という部分について今回は考えてみることにします。

施主の要望などを取り入れながら設計図がまとめられて、その設計図が施工者側に契約図として発行されるという流れで建物の図面は進んでいく訳ですが…
施工者側はそこに描かれている情報をベースにして、施工するために必要な「施工図」と呼ばれる図面を作図していきます。

施工者側にはそうした「施工図」の作図を専門に行う人がいて、発行された設計図をそれこそ隅から隅まで読み込んで施工図を描いていくことになります。
設計者が作成する設計図に対して、施工者が作成する図面を「施工図」と呼び、この図面も建物を完成させる重要なピースになっていきます。

図面作図

当サイトでは建築の細かい納まりについて色々と取り上げていく予定です。
なので、施工者が作成する図面である施工図について触れない訳にはいかないので、施工図については少し後でもっと深く掘り下げて説明していこうと考えています。
なので今回は施工図についてあまり深く掘り下げることはしないでおきます。

ただ、施工側が作図する施工図のベースとなるのはあくまでも設計図ですから、設計図がどれだけ重要な資料なのかは何となく伝わるのではないかと思います。
少々というか、かなり乱暴な表現をしてしまうと、設計図をベースにして、もう少し詳しい寸法を記入した図面を施工図と呼ぶ、という感じになります。

設計図が設計者の思惑と違っていた場合でも、それを施工図はそのまま作図していき、現場で施工を進めることになるため、設計図が果たす役割は非常に重要なんです。

ただし…

実際に図面を見て頂くと分かるのですが、設計図に寸法を記入しただけで施工図が出来上がる、というような簡単な話では全然ありません。
なので「設計図に寸法を追加した図面が施工図」みたいな乱暴な表現をしてしまうと、恐らく施工図を仕事にしている方は怒ると思います。

そんなに簡単な仕事ではない、と。

設計図に寸法を記入するだけであれば誰でも出来るので、わざわざ手間をかけて施工図を作図する仕事は必要ないことになります。
でも実際には施工図の仕事は全然なくなる気配がありません。
そうした事実から考えても、やはり施工図は簡単な業務ではなくて、そこには色々と難しい検討や調整などが必要なのだという事が想像出来るでしょう。

少し前にも書きましたが、設計図というのはその建物を竣工までもっていく為の大切な指針となるべき資料ですから、それを作成する設計者の役割は非常に重要なものになります。
ただ、どんなに重要な資料だと認識していても、様々な情報を全て破綻することなく整合させてまとめていくというのは非常に難しいことなんです。

基本設計段階では一般図を作図していき、実施設計段階で一般図にプラスして様々な図面を細かく描いていくことになります。
そうして設計図をまとめていく段階であっても、施主の要望などを聞き取る為の打合せや調整は引き続き継続していくのが普通です。

もっと言えば、施工段階に進んだとしても設計者と施主との打ち合わせは続きますから、細かい図面を作図していく段階でもどんどん施主要望による変更が入ってくることになります。
色々な部分の詳しい図面を作図すればするほど、ひとつの変更によって修正が必要な図面の種類はどんどん増えていくことになります。

そのあたりの調整をどう考えていくか、というあたりの話は次回に続くことにします。

関連記事

  1. 建築図面
  2. 家具
  3. 検査
  4. 設計者
  5. 鉄骨工事