• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

建物のスタートは地鎮祭から

建物が計画されてから実際に完成するまでの大まかな流れについて説明してみる、というような話を前回はしましたので、今回はその続きから。
まずは建物が出来上がるまでにどのような流れで仕事が進んでいくのか、というあたりの話を大まかに考えてみる事にしましょう。

建築に関わる仕事に就いていない方の感覚では、建物は何となくいつの間にかに工事が始まって、いつの間にかに終わっている、みたいな感じではないかと思います。
何となく「更地があるな」と思っていたら、いつの間にかそこに竹と祭壇みたいなものが用意されていて、何か建物を建てようとしている事を知る、という感じですよね。

祭壇などがあるのは地鎮祭(じちんさい)と呼ばれる儀式のためで、工事を開始する前に、建物を建てようとしている土地の神様にその許しを得る為に地鎮祭は行われます。

地鎮祭

工事を開始する前の儀式ですから、地鎮祭が完了した後は色々な工事が始まることになり、しばらくは周囲がうるさくなる、みたいなイメージではないでしょうか。
建築に限らずどのような種類の仕事でも同じなのかも知れませんが、目立たないところで具体的にどのような仕事が進行しているかというのは、外部からはあまり分からないものですよね。

実際に工事を開始する事を「着工」と呼び、地鎮祭の後で正式に工事を開始することになるのですが、実際には地鎮祭の前にもたくさんの業務があるんです。
工事にとりかかるまではあまり目に見える形にはなっていませんが、その建物に関連する仕事はそれこそ山のようにあります。

建物の計画段階になるのであまり表には出てこないような業務は、コンピュータを利用して作成する「図面」という複雑きわまりない道具を使いながら、着実に進められているものなんです。
そして建物の計画が煮詰まった段階で、実際に建物を造っていく工事に着手していく、というような流れになっています。

…というのは時間的な部分を無視した表現で、ちょっと順番は逆ですね。

実際のプロジェクトでは、工事を開始する着工の日付とか、建物が完成する予定日、さらにはその建物を運用開始する日などが決まっている場合がほとんどです。
そうした日付を考慮して、工事を開始する着工日から逆算した上で、建物の形状などを考える計画を進めていくことになります。

これは考えてみれば当たり前の話で、建物の計画が終わった段階で「設計も大体終わったし、そろそろ工事を始めようかな…」みたいな計画性のないやり方で進める訳にはいきません。
建物を建てる工事にはたくさんの企業や人が関わってくることになり、人の手配などの下準備も当然必要になってくるので計画的に進める必要があるんです。

これらの事を考えると、実際には建物の工事が始まった段階では、どのような建物を造っていけば良いのかの基本方針はある程度決まっている事になります。
そうした基本方針をベースにして実際に建物を造っていく段階に進み、竣工予定日までに建物を完成させる、という感じで計画は流れていきます。

実際に施工を進めていく段階では、具体的な寸法や納まりの調整をしていくとか、施主の要望を具体的に確認していくなどの作業を進めていきます。
具体的な内容を決めた情報を元にして実際に建物を造っていく訳です。

実際に建物を施工する段階でやるべき事はたくさんあって、それこそ「膨大」という言葉で表現出来ているか心配になるくらいなのですが…
そのあたりの具体的な話は今後追々やっていくことにして、ここではまず大まかな流れについて掴んでおくことにしましょう。

建物を建てるという目的で建物を計画していく段階から、その計画を具体的なものにしていく施工段階までの大まかな流れは大体こんな感じです。
これからはそれぞれの項目についてもう少し詳しく説明していくことにしますが、まずは大きな流れを押さえておき、それから細かい話に進んでいくことにします。

関連記事

  1. 現場管理
  2. 建物と地図
  3. 照明
  4. アルミ建具
  5. 実施設計
  6. 完成