• 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む

施工段階で作成する図面

建物を建てるプロジェクトが施工段階に入った際には、様々な企業がそれぞれ担当している工事を進める為に現場に入っていくことになります。
そうした様々な企業を統括していく役割を持つのがゼネコンということになり…というような話を前回からは紹介してきました。

今回は設計者が作成する設計図以外の図面で、施工段階での指針となる図面である「施工図」の存在を紹介してみたいと思います。

様々な工事が同時進行していく施工段階では、各企業を統括していく為に「こうした建物を造る」という指針がどうしても必要になってきます。
そうした指針となる資料がないと、施工の計画をたてていく事も難しくなるし、施工期間がどの程度必要になるのかなども掴めないので、やはり具体的な最終形を示す図面が必要なんです。

具体的な図面

建物の基本方針としてまず作成されるのは設計図ですから、たとえ施工段階であっても設計図が建物の指針となる事は間違いありませんが…
施工段階では「こんなイメージ」という指針ではなく、もう少し具体的に「このような納まりで施工を進める」という指針が必要になってきます。

建物の施工を具体的に進めていく事を意識していくと、設計図では少し全体的な部分を表現しすぎていて、やや具体性に欠けているという特徴が分かってくるはず。
そのため、建物全体ではなくもう少し細かい部分にフォーカスして作図・検討した図面が現場ではやはり必要になってきます。

それが現場で作成する「施工図」と呼ばれる図面になります。

施工段階に入ると設計図の代わりに施工の基本方針となる施工図ですが、そうは言っても、施工図はもちろん設計図を基本方針として作図されていきます。
設計図に示されている基本方針をベースとして、そこに施工する為に必要な情報を寸法などの情報がかなり具体的になっていく、という感じです。

設計図ではそれぞれのフロアがどのようなプランになっているかが示されていますけど、その壁の位置や種類、床コンクリートのレベルなどが全て一枚の図面に表現されてはいません。
構造的な方針は構造図に示されていますけど、最終的に設計図に沿ったプランにする為には、コンクリートをどのように作り込んで行けば良いかという細かい寸法までは表現しきれないのが現実です。

そうした細かい部分を施工図では表現していき、設計図内にある不整合などを全て解消して、その内容を設計者に確認して承認を受けていく。
この図面の通りに施工を進めても問題ありません、という事を設計者に確認していく為の図面が、施工者作成する「施工図」という図面の役割です。

この施工図を指針として現場では様々な仕事を進めていくことになります。

以前も少し取り上げましたが、設計図を作成していく中ではどうしてもそれぞれの図面に不整合が発生してしまいがち、という現実があります。
これは基本設計段階から打ち合わせを重ねていき、より良いプランに微調整していく中で、ある程度仕方がないことだと思います。

設計図段階では、細かい部分の整合性について時間をかけるよりも、建物に求められているスペックが満たしていくかどうかに注目せざるを得ないんです。
業務の優先順位などを考えていくと、どうしても細かい部分で図面が整合されているかを見ていくのは後回しになってしまいがち。

これは時間的にも業務の優先順位的にも仕方がない事だと言えるでしょう。
ただ、そうした不整合がある曖昧な状態では、実際に工事を進めていくことが出来ないというのもまた現実としてある訳です。

なので、それらを全て施工図の段階で施工者と設計者で調整していき、最終的には全てが解決した図面として施工図をまとめていく。
…というような流れになっています。
実際に施工を進めるよりも前の段階で様々な問題点などを解決しておく事が出来る、というあたりが施工図の大きなメリットだと言えるでしょう。

関連記事

  1. 見積
  2. 建物
  3. 現場管理
  4. 図面作図
  5. 施工図