• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

図面が持っている役割と種類の記事一覧

時間

製作図で気をつけるべき点

製作図を元にして工場で製品を作る前の準備として、製作図を設計者に提出してチェックを受けて、最終的に承認を得る必要があります。 こうした手続きを踏みつつ、施工図との相違がない事を確認していくのは大変な作業になりますが、その作業を経ない限り製作をかけることは出来ません。 このあたりが製作図の最も大変な部分だと言えるでしょう。 もちろん製作図をまとめて設計者に承認を受けるのも大変なのですが、それ以外に気 […]

続きを読む

会議

製作図の基本的な流れ

前回は製作図の種類について考えてみて、建物の規模にもよりますが、製作図の物量はなかなかの量になっていくという話を取り上げました。 設計図に比べると施工図の枚数は多くなっていて、施工図に比べると製作図の枚数はさらに多くなっていく、というような関係が一般的です。 これは図面の細かさによって決まるものなので、最も細かい部分について表現している製作図の枚数が多いのはごく自然な事だと言えるでしょう。 今回は […]

続きを読む

アルミ建具

製作図の種類は多様

工場で製作してきた製品をスムーズに納める為には、製作図に表現されている詳細図を確認していき、細やかな調整をかけていく事が求められます。 これは結構大変な業務になりますが、実際に建物を造る前に納まりを確認しておくという図面の役割そのものでもあります。 実際の施工をスムーズに進める為に施工図があり、より細かい部分について表現している製作図がある、というような考え方です。 施工がスムーズに進むということ […]

続きを読む

大量の図面

製作図の役割について考える

製作図という図面は、製品を工場で製作するために作図される図面であり、その性質上非常に細かい部分まで表現することが出来る図面になっています。 工場で製作する製品がきちんと納まるように検討するということはつまり、その周囲の納まりや見せ方などの方針を決めるのと同じ意味がある。 …というあたりの話を前回までの説明で取り上げてきました。 建物というのはまず大きな方針がとても重要になってくるのですが、細かい部 […]

続きを読む

コップの水

製作図で細かく検討する理由

前回は図面の大きなカテゴリとして、設計図と施工図と並んで製作図という図面がある、という話を取り上げました。 設計図から施工図、そして施工図から製作図まで、どのように情報が流れていくのかが何となくイメージ出来たのではないかと思います。 製作図では非常に細かい部分まで検討をすることが出来る図面になりますが、この表現を少しだけ変えてみると… 逆に「製作図は細かい部分まで緻密に検討が必要な図面」という表現 […]

続きを読む

工場

製作図とは何か

今まで少し時間をかけて、施工図と総合図についての概要的な部分を説明してきました。 これまでの話でも結構なボリュームなのですが、細かい話にどんどん進んでしまうとさらに話が長くなってしまいそうな感じです。 それではちょっと終わりが見えない状態になってしまい、説明する側にとっても読む側にとってもあまりメリットが多くない状況になりそうな気が… それだけ書きたい内容が多いということなので、悪い事ではないとは […]

続きを読む

スイッチの並び

早い段階で総合図を決める意味

前回から少し話が長くなっていますが、総合図がどのくらい重要な図面なのかという話を色々と考えてみました。 壁がどのような部材で構成されているかという話よりも、どの位置にスイッチやコンセントが配置されているかの方が、建物を使う側にとっては重要になってくる。 このあたりの話は、自分が実際に建物を利用する事を考えてみると、恐らくすぐに納得出来るのではないかと思います。 だからこそ、スイッチ類の位置を確認す […]

続きを読む

スイッチ

総合図の重要性について考える

前回は設計でも施工図でもない少し特殊な図面として「総合図」という図面がある、という話を取り上げてみました。 壁や扉などの建築情報だけではなく、スイッチやコンセントなどの設備的な情報を総合的に確認することが出来る図面を総合図と呼ぶ、という話でした。 照明のスイッチやコンセントの位置、インターホンの位置やネットのLANケーブルジャックの位置などが総合図には記載される事になる訳ですが… そうした設備要素 […]

続きを読む

総合図

総合図とは何か

施工図の種類として「躯体図」と「仕上図」と「外構図」があって、それぞれ設計図をベースにして細かい検討を進めていく事になる。 というような話を今まで説明してきて、施工図の大まかな区分と役割については大体説明が終わったかな…というところまで話が進んできました。 なので今回からは、設計図と施工図のどちらでもないちょっと特殊な図面として「総合図」という図面について考えてみる事にしようかと思います。 まずは […]

続きを読む

ライトアップ

外構図で表現する情報

前回は施工図として外構図を作図する際に、設計図とどのような違いがあるのかというあたりについて考えてみました。 施工図では設計図よりもいレベルなどの情報量が多くなってくるという事と、だからと言って施工図が設計図よりも優れているという訳ではない、という話がありました。 設計図で表現している情報は細かい部分にまで及んでいない場合があるので、さらに細かく情報を記入した施工図の方が優れていると思ってしまいが […]

続きを読む