• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

出巾木の納まりを一通り紹介

前回は巾木の基本納まりとして「出巾木」と「入巾木」がある、という話を取り上げて、その基本的な見え方を図面で紹介しました。
壁面に対して巾木の面がどのような位置にあるのか。
これが出巾木と入巾木を区分する決定的な違いという話でした。

ただ、こうした納まりと見た目の違いというのは、実際建物を利用している方にとってそれほど大きな違いには感じられないとは思いますが…
建築の納まりを検討していく中で、巾木を出巾木にするか入巾木にするかというのは、意匠設計者として結構気にする部分なんです。

と言うことで、今回はそんな巾木納まりのひとつである「出巾木」について、もう少し深く考えてみることにします。

出巾木は基本的に壁面よりも巾木面が出ている納まりになるので、壁仕上面をそのまま床まで下ろしていき、その上に巾木を貼っていく納まりになります。
こうした出巾木の納まりは大半の巾木仕上で適用されるので、巾木の納まりとしては一般的なものだと言えるでしょう。

□石巾木

石巾木で出巾木の納まりはこんな感じになります。

石膏ボードを切り欠いて石巾木を納めた例

接着剤で巾木を固定していく納まりになりますので、石巾木の厚みと接着代によって出巾木の寸法が決まってくることになります。
上図のように出隅を少し面取りした方が見映えが良いかも知れません。

□木製巾木

次に木製巾木の納まりですが、床仕上材によって変わってきますが、床フローリング仕上との取り合いであれば下図のようなイメージになります。

床フローリング+木製巾木の納まり

以前も少し説明をしましたが、床がフローリングの場合には壁との間に伸び縮みの為のクリアランスを設ける必要があります。
それを出巾木によって隠す為に、巾木勝ち納まりではなく床勝ち納まりにしておく関係が、木製巾木の場合には結構あります。

□タイル巾木

タイル巾木の場合は壁がタイルになっている事が多いのですが、巾木の上が塗装仕上などになっている場合も時にはあります。

巾木タイルの小口を綺麗に納める

タイル巾木が上図のような納まりになっている場合、タイルの小口がしっかりと仕上がっている製品を採用した方が美しく納まります。
そうした製品ではない場合、タイルの小口はあまり綺麗な状態ではないので、ちょっと出巾木には向いていない仕上材になってしまうかも知れません。

□金属巾木

金属巾木の場合は下図のような関係になっています。

床石+SUS巾木の納まり例

納まりとしては特に問題ない関係になっていて、これ以上説明することがないくらい一般的な納まりと言えるかも知れません。
上図は床仕上材が石になっていますが、長尺塩ビシートの納まりであっても、巾木勝ちの関係にしておく方が納まりは良いです。

□ビニル巾木

ビニル巾木の納まりは基本的に出巾木になっていて、床仕上材を施工した後に接着剤で取り付けていく納まりが一般的です。
納まり検討が必要ないくらいの仕上材ですが、埃がたまりにくいようにという配慮から、天端と床取り合い部分にRが付いている商品があります。

床長尺塩ビシート+ビニル巾木の納まり

意匠設計者は「カチッとした納まり」というような表現をよく使い、Rが元も付いている製品を避ける傾向にあります。
そう言った意味で、上図の中では右側の巾木を好む傾向にありますが、埃がたまる事を考えると天端にはRが付いているの方が本当は好ましいです。

まあ見た目だけを考えればエッジが出ている方が見映えが良いですから、意匠設計者の言わんとすることはもちろん分かりますが…
建物を長いスパンで考えた時には、メンテナンス性などが重要な要素になってくる場合もあって、その場合は左図の方が意匠的にも優れている事になるかも知れません。

関連記事

  1. 石膏ボードを切り欠いて石巾木を納めた例
  2. プロジェクトの規模に対するゼネコンの社員はそれほど多くない
  3. RC壁+LGS入巾木納まり例
  4. まとめ
  5. 細部にこだわる事も必要
  6. 壁タイルと床タイルの取合い納まり