• 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む

防火区画と入巾木の関係

LGS+石膏ボードの壁に入巾木を採用した場合、石膏ボードを巾木上で止める必要がある為、壁として求められる性能を満たせなくなる場合がある。
前回はそのような入巾木の問題点を取り上げてみました。

意匠的に入巾木にしたいとか、入巾木にした結果少し納まりが悪くなり隙間が空いてしまうとか、最終的な見映えが悪くなったりとか。
そうした意匠上の話は思ったようにいく場合もあるし、思ったような見せ方が出ない場合もあるという感じで、それ程重要な部分ではありません。

もちろん意匠設計者にとって建物をどう見せるのかというのは非常に重要な部分なので、それ程重要ではないという表現は良くないのですが…
それでも建物に求められる性能という観点で見れば、入巾木と建具枠の取り合い部分に少し隙間があっても、それほど大きな問題とは言えません。

ただ、建物に求められる性能を満たすことが出来なくなる、という話であれば、それは重要度が少し違ってくるもの。
まずは基本的な性能を満たすことを目指して検討を進めていき、それが満たせることを前提として、出来るだけ見た目を良いものにする検討をする。

これが建物の納まりを検討する際の基本ルールです。
その前提が満たせなくなるような納まりでは、ちょっと意匠的に良いとか悪いとか言うような話ではなくなってしまいます。
それでは困ってしまうので、まずはその前提を満たすことが出来るように調整していく事が重用になってきます。

という事で…
問題になるのは具体的にはどのような断面になるのか、そうした問題を解決するにはどういった納まりにしていけば良いのか。
今回はそのあたりの話について色々と説明をしていこうと思います。

まずはLGS+石膏ボードの壁で耐火性能や遮音性能が必要な場合、どのような納まりになるかについて考えてみると…

決められた石膏ボードの仕様をまもり、足元の床コンクリートから上階の床コンクリートまでを、決められた仕様の石膏ボードでふさいでいく。
コンクリート取り合いにはきちんと塞ぎ用の耐火シールなどを施していく事が求められていて、それを満たしてようやく耐火壁として成立する事になります。

火災時の炎から人命を守るために用意される防火区画ですから、壁の仕様としてはかなり厳密な基準があるのは当然のことだと言えるでしょう。
LGS+石膏ボードの耐火壁には色々な種類が用意されていますが、それらの壁全てに共通して言えることは、以下の約束事になります。

・決められた石膏ボードの仕様を守る

・足元の床コンクリートに立てる

・上階の床コンクリートまで伸ばす

・コンクリートとの取り合いは耐火シール処理

ちょっと回りくどい説明になってしまったかも知れませんが…
入巾木の納まりを採用した場合、石膏ボードを切り欠く必要があるので、上記の条件を満たすことが出来なくなってしまう、という話です。
耐火間仕切りの足元は基本的に以下のような納まりになっています。

LGS耐火壁の足元納まり

決められた仕様の石膏ボードを張ることと、床・壁・上部床に対してきちんと処理をすることではじめて耐火壁として認められる訳ですが、この耐火壁を単純に入巾木納まりにした場合はこうなります。

ボード枚数が不足する為耐火壁にならない納まり

これが例えば金属巾木などであれば、切り欠いた石膏ボードの代わりにステンレスの板があるから、耐火性能としては問題ないのでは? と言いたくなってしまいます。
しかしLGS+石膏ボードの耐火間仕切りは、石膏ボードを決められた枚数貼った状態で耐火認定を受けているので、イレギュラーな納まりはNGなんです。

まあこれは当然の話で、ちょっと切り欠いた部分にステンレスの板があるから良いとか、そうしたその場所ごとの納まりで耐火間仕切としての性能を判断することなど出来ません。
その場合はどう納めるかというと、まずは耐火間仕切り間違いなく成立させておき、その上にもう一枚石膏ボードを貼って、そこに切り欠きを入れる納まりしかありません。

耐火壁+入巾木の納まり例

施工者的な考え方をすると、石膏ボードを余分に一枚貼っていく必要がある納まりになるので、コスト的にもちょと避けたい納まりになっている、という感じです。
やむを得ない場合には上図のような納まりを採用するしかありませんが、出来ればこうした「もう一枚貼るか」的な無駄は避けたいところです。

関連記事

  1. 知識を得てスタートラインに立つ
  2. 壁タイルと床タイルの取合い納まり
  3. 巾木を表現した建具まわり納まり図
  4. 入巾木の納まりイメージ
  5. 巾木は清掃時に壁を守る役割を持つ
  6. 石巾木の納まり例