• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

アルミ曲げパネルの納まり

前回はアルミカットパネルの納まりについて紹介をしたついでに、目地の位置を検討する際のポイントも少し取り上げてみました。
目地位置を検討する際のポイントと言っても、意匠設計者が「こう見せたい」と思う位置が正解なので、ここで私があれこれ基本的な考え方について言ってもあまり意味はないですが…

それでも、どのような考え方をベースにして検討をしていくのか、というあたりの共通認識はそれ程変わる訳ではないので、まずはそのあたりの認識を知っておく方が良いと思います。
建物の各所納まりでは自分の好みを出しても良い、というか出した方が良いのですが、基本パターンを押さえておかないと自分の好みを出したくても難しい場合もあるので。

壁下地との関係などの基本的な納まりが決まっているのであれば、パネルのサイズが許す範囲で目地の位置を調整するのは特に大きな手間とかいう話ではないです。
ある程度の自由度がある目地の位置を調整していく際に、意匠的にもっとも美しく見えるところを狙うのは設計者としても施工者としてもごく自然なことだと思います。

どうせどこかに目地を入れなければいけないのなら、計画的に入れておきたい、という考え方がそこにはある訳です。
その為に膨大な手間がかかってしまうようであれば困りますが、そこまで手間がかかることでもありませんので、それならば目地位置を合わせた方が良いという考え方ですね。

あとはどこまで目地位置にこだわるのかという点と、どの時点で目地位置が決まるのかという時間的な問題だけなので、タイミングを見て決めていくだけ。
…と、ちょっと簡単に書いてしまいましたが、やるべき事がたくさんある状況の中で適切なタイミングで決めていくのはなかなか難しかったりするので、実際にはそう簡単ではありませんが。
まあそれでも時間をつくってやっていくしかありません。

さて、目地などを含めてアルミカットパネルについての話は終わりましたので、引き続きアルミパネルの話という事で、アルミ曲げパネルの納まりについて話を進めていきます。
まずはアルミ曲げパネルがどのようなものなのか、という話から。

アルミ曲げパネルというのは、読んだままの意味ではありますが、比較的薄いアルミの板を曲げて壁に見せるという考え方の仕上材です。
納まりとしては下図のような感じになっていて、アルミパネルを曲げてさらに曲げていき、少し面落ちさせた部分を下地にビス止めしていきます。

アルミ曲げパネルの納まり例

外壁としてアルミ曲げパネルが採用されている場合でも、止水ラインとしては壁下地の鉄筋コンクリートやECPで形成されることになります。
そういった意味ではアルミパネル自体に止水性能はありませんので、ビスを打った部分をシールなどで隠す必要性は特にありません。

しかし性能的な話ではなく、ビス頭が見えてしまう状況は意匠的に良くないという考え方があるので、面落ちさせた部分をシールで埋めて納めていくことが多いです。
ビス止め部分の上にシールをすることによって、ビスが見えずに目地だけが見えてくるような状況になる、という感じです。

アルミカットパネルの納まりでは目地として隙間で見えてきた部分が、アルミ曲げパネルの場合はシールになって見えてくることになります。
最終的に目地は見えてくる状態はカットパネルの場合と変わりはありませんので、目地の位置を気にしておく必要があるのは同じですね。

アルミ曲げパネルについての話はこれで終わりですが、次回は最後という事で、アルミ曲げパネルとアルミカットパネルの違いについて考えてみることにしましょう。

関連記事

  1. 壁タイル貼の一般的な納まり
  2. ECPと床コンクリートの納まり
  3. 45二丁掛けタイルの施工例
  4. 人に聞く事が恐らく一番重要な要素
  5. タイル出隅納まりの例
  6. 石膏ボードのイメージ