• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

壁の種類について考える

前回のカテゴリでは、建物を構成するパーツとして「床」にフォーカスして色々と説明をしてきましたが、これが予定していたよりも結構長くなってしまいました。
床仕上材とか床の納まりなどで説明しておきたい事が山のようにあって、それを順番に取り上げていってもなかなか終わりが見えない状況に…

まあ書きたい事が自分の中に何もないような事を書かなければいけない、みたいな状況に比べれば全然良いんですけど、たくさんありすぎるのも少し困りますね。
とは言え、なんとか最後まで説明をすることが出来たはずなので、ようやく次のステップに進むことが出来そうです。

そんな訳で、このカテゴリでは建物の「壁」を取り上げていく予定です。
もう少し具体的に表現すると、壁を構成する仕上材にはどのような種類があるのかとか、壁の納まりは基本どのようなパターンがあるのかなどですね。
こうした「壁」にフォーカスして色々な解説をしていこうと思っています。

このカテゴリでは壁の話をします

説明に入る前に少しだけ、説明のやり方についてのお知らせがあります。

このカテゴリでは壁の納まりについての話をしていきますが、説明の際には、前回のカテゴリで取り上げた床関連の項目を読んでいる、という前提で説明を進めようと考えています。
当サイトで書いている説明全部を読んでるのではなく、恐らくは抜粋して読んでいる方がほとんどだと思うので、このような進め方がベストだとは言えないのですが…

そうして積み重ねて説明をしていくスタイルにしないと、同じような説明が何度も出てくることになって、それもちょっと煩わしい気がします。
また、同じ説明ばかりが登場してしまうと、繰り返しが多くなってしまい説明がなかなか先に進まない事になってしまうので…という事を考えてこのようなスタンスにしています。
こうしたやり方で説明をしていく予定なので、出来れば事前に床の納まりについてざっと目を通してから壁の説明に入って頂けると嬉しいです。

かなり当たり前の話になってしまいますが、壁は何もないところから宙に浮いている訳ではなく、床コンクリートの上に立つことになります。
壁について色々な納まりを覚える際には、床の納まりもあわせて覚えておくことはきっと大きなメリットがある事だと思います。

という事で壁の納まりについての話をスタートしましょう。

まずは壁の考え方による大雑把な区分をした時に、具体的にはどのような区分が出来るのか、というあたりの話から考えてみることにします。
壁と大雑把なくくりで表現したとしても、建物には様々な種類の壁があって、当然その種類によって納まりは全然違ってくる事になります。

壁に求められる性能は床と違って結構色々な種類があって、それに合わせて適切な種類の壁を選定していくことになります。
壁の性能についての話はもう少し後で具体的な説明をしていくことにしますが、床のようにコンクリート下地が確実にあって、そこにどう床仕上げを貼るかだけの検討ではちょっと足りません。

なので、まずは壁について以下のような項目を把握しておく必要があります。

・壁に求められる性能にはどのようなものがあるのか

・壁の下地にはどのような種類があるのか

・壁にはどのような種類があるか

・それぞれの壁が持っている性能

建物の場所によって壁に必要な性能が違ってくるので、それぞれの適した壁を場所によって使い分けていく、というやり方が求められます。

まずは壁の性能・壁の下地・壁の種類などを一通り覚えておき、次のステップとしてそれぞれの壁の納まりを覚えておく。
こうした流れで壁の納まりを説明していこうと思っていますので、次回は壁に求められる性能についての話をしていきます。

関連記事

  1. ダイノックシートのカラーバリエーション(ほんの一部)
  2. 壁塗装仕上の一例
  3. メラミン化粧板の仕上例
  4. 石張り下地鉄骨の納まり例
  5. LGSのイメージ
  6. タイルサイズに合わせて建具巾を調整した例