• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

施工者の記事一覧

施工誤差0は難しい…

意匠設計者と施工者の立場

前回は上階の梁と天井との関係を調べていき、最終的にどの程度梁下に寸法があれば天井としては納まるのか、というあたりを考えてみました。 鉄筋コンクリート梁の場合は100mm程度、出来れば120mm程度、鉄骨梁の場合は150mm程度の寸法があれば、天井下地を含めて納まることになります。 これらの寸法は「クリアランス」と呼ばれる考え方も含めた寸法になっていて、余分な寸法に見えるかも知れませんが、必要な寸法 […]

続きを読む

残り時間との兼ね合いを考える

施工者の都合について考えてみる

前回は押出成形セメント板(ECP)の納まりとして、特に外壁にECPを採用した場合の具体的な納まりについて考えてみました。 当たり前の話ではありますが、ECPを縦張りにする場合と横張りにする場合とで、納まりの考え方は結構違ってくることになります。 そうした状況を踏まえて鉄骨部材の対応や床コンクリートの止まり位置を決めていく、という検討や調整を施工者としては早めに進めていきたいと考える訳です。 ちょっ […]

続きを読む

床レベルによりS柱形状が変わる例

施工者としての検討事項

床仕上の具体的な納り例として、前回は床に石を張りたい場合の断面図を作図してみて、床と同時に梁を下げておく必要性について考えてみました。 鉄骨や鉄筋コンクリートなどの構造体を造っていく際には、構造図に記載されている内容を遵守することは当然として、仕上との関係も充分に検討する必要があります。 いくら構造図通りの梁レベルにしても、仕上の納まりを考えていくとそれでは納まらない、という場合が時にはあるんです […]

続きを読む

エントランス

施工図が必要になる理由とは

設計図は建物の指針となる情報ではあるけれど、具体的な寸法などを細かく記入する訳ではない為、具体的な施工の為の図面を作図する必要がある。 その図面を施工図と呼び、設計図をベースの情報として施工者が作図する事になる、というあたりの話を前回は取り上げました。 一口に「施工図」と言ってもその種類は多岐に渡るので、それぞれのついての細かい説明が必要になってくるとは思いますが… そうした細かい話はいずれ取り上 […]

続きを読む

ステップアップ

設計図から施工図へ

今までの話はちょっと長くなってしましましたが、どのような建物を造っていくのかを検討していく為に作図する図面として、設計図について色々取り上げてきました。 細かい図面の種類について掘り下げていくと終わらない雰囲気もあったので、ざっと説明するような感じになっていますが、概要は何となく掴めるのではないかと思います。 意匠図と構造図によって建物の基本的な形状が決まってきて、その情報を前提として電気設備図と […]

続きを読む

主張

設計者と施工者で調整した結果

設計者と施工者の考え方は少しずつ違っている為、建物の中でデザインを重視するのか施工しやすさを重視するのかの方針が微妙に違ってくるもの。 そのあたりの話を前回までで色々と繰り返してきました。 もちろんこうした話は私の経験を元にして書いているものですから、もしかしたらお互いの立場を尊重するような設計者や施工者も存在するかも知れません。 しかしそれぞれに課された業務を果たすことを考えると、なかなかそうし […]

続きを読む

協力

考え方の違いを調整していく作業

設計者と施工者とで重視する項目が違っている為、建物を造っていく中で納まりの考え方が違ってしまう場合がある、という話を前回は取り上げました。 そうした意見の相違があるのは当たり前の事で、それぞれが担当している役割を果たす為には意見がぶつかるのも自然な事で…という話もしました。 このあたりの調整が建物にとっては非常に重要な要素になってきます。 設計者と施工者がお互いの立場を主張して戦うのではなく、お互 […]

続きを読む

施工者が優先する項目

■施工者が優先する項目 設計図をベースにして施工を進める際には、基本方針はお互いの共通認識としてありながらも、設計者と施工者との打合せによって細かい部分を色々と調整していくことになります。 こうした話は今まで色々と書いてきた通りで、設計図に建物の全ての部位が表現されている訳ではなくて、少し曖昧な表現もあったりします。 しかし施工者側としても、表現が不足している場合はある程度自分たちの要望に添って施 […]

続きを読む

各設計者

施工者が優先する項目

設計図をベースにして施工を進める際には、基本方針はお互いの共通認識としてありながらも、設計者と施工者との打合せによって細かい部分を色々と調整していくことになります。 こうした話は今まで色々と書いてきた通りで、設計図に建物の全ての部位が表現されている訳ではなくて、少し曖昧な表現もあったりします。 しかし施工者側としても、表現が不足している場合はある程度自分たちの要望に添って施工図を描いてみたりする訳 […]

続きを読む

指示

意匠設計者が優先する項目

前回は設計者と施工者との関係性について考えてみました。 納まりや方針などについて様々な判断を下す役割を設計者が担っている以上、施工者と設計者の立場というのはなかなか対等にはなりにくいものがあります。 だからと言って設計者が設計図に表現していない内容について、自由に色々と変更が出来るという訳ではありませんが… それでもある程度の変更を「変更指示書」によってかけていく事になるので、主導権はどうしても設 […]

続きを読む