• 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む

設計者と施工者で調整した結果

設計者と施工者の考え方は少しずつ違っている為、建物の中でデザインを重視するのか施工しやすさを重視するのかの方針が微妙に違ってくるもの。
そのあたりの話を前回までで色々と繰り返してきました。

もちろんこうした話は私の経験を元にして書いているものですから、もしかしたらお互いの立場を尊重するような設計者や施工者も存在するかも知れません。
しかしそれぞれに課された業務を果たすことを考えると、なかなかそうした感覚にはなりにくいのではないかと思ってしまいます。

やはり仕事ですからプロとしての主張をする必要がある訳です。

主張

設計者としては、建物の基本方針として作成した設計図通りに施工を進めて欲しいと考えます。
しかし施工者側としては、当然設計図の方針を守りつつも、建物の性能やコストを考えて設計図とは少し変えていきたいと思う場合もあります。

そうした考え方の違いを色々出した上で、具体的にはどうやって建物を建てていくことにするかを設計者が判断していくことになります。
施工者側は様々な知識と技術を持っていて、それをベースにして設計者に色々な提案をしていく訳ですけど、最終的は判断はやはり設計者という事になります。

このあたりの設計者と施工者の関係はなかなか微妙なものがあります。

施工者側からどのような提案があるのかにもよりますが、極端な話としては提案の全てが設計者によって却下されてしまう可能性もある訳です。
そうなってしまうと施工者としても困るので、出来るだけ設計図に記載されている最終形を生かした形で提案をしていく必要があります。

露骨にコストだけを下げる案が設計者に認められる可能性は高くないですから、最終的な見た目が変わらずにコストが下がるような提案を考える必要があります。
ただ、実際にそうした都合の良い案というのはなかなかありませんから、「見た目は比較的同じ」でコストが下がるというような案が主になる事に。

もしくは、建物の性能を確保する為には、コストを考えると高くなってしまうけれど、納まりを変えておかないと後々困る可能性がある、というような場合もあります。
そのような建物として非常に重要な部分では、施工者はコストよりも建物の性能確保を優先して検討を進めるという判断をする事になったりします。

あくまでも設計者が検討して作成された設計図をベースにしつつ、施工段階では施工者としての技術と今までの経験などをプラスして調整していくことに。
そうした調整をしていく中で、建物のデザイン・建物としての性能・それにかかるコストをバランス良く持っている建物が造られていく訳です。

建物の見せ場と言うべき部分にはきちんとコストをかけて高級感を出し、バックヤード的な部分ではデザインよりも耐久性や使い勝手を重視してコストを抑えていく。
なおかつ建物を長期にわたって運用しても、特に水廻りで大きな問題が出ないような納まりが検討され、それを目立たせないようなデザインが考えられる。

このような細かい調整を繰り返していくことによって、極端にデザインだけを追求したけれど使いにくいとか雨漏りがするなどの建物が出来上がることを防いでいくことになります。
「防ぐ」というのは少しネガティブな言葉になりますけれど、やはり建物はただ眺めれば良いというようなものではなく、人が実際に長期間滞在する為に造られるものです。

その為には見た目のデザインにプラスして、しっかりとした性能という条件も満たしていく必要がある訳です。
建物の性能を満たすという部分で考えると、そのあたりの知識は施工者が持っている場合が多いので、施工者の意見を含めて調整をしていく事になります。

関連記事

  1. 各設計者
  2. 作図の巾
  3. くつろぎ
  4. 立場の違い
  5. ゆとり
  6. 打合せ