• 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む

床仕上の記事一覧

下がり側にランナーを流す納まり

床仕上げの違いと下地の段差

床コンクリートに段差が必要な納まりの場合に、LGS+石膏ボードの壁に対してどのあたりに段差を設ければ良いのか。 結構具体的な話になっていますが、前回はそのあたりの納まりについて考えてみました。 作図途中の検討断面図は下図のような感じになっています。 床コンクリートの段差がどの位置に必要になるのか、というのは構造体のレベルにも影響を与える事になるので、こうした検討は出来るだけ早めにやっておく必要があ […]

続きを読む

巾木の一例

床と壁の取合い部分とは

今まで説明をしてきた床・壁・天井の納まりを踏まえて、このカテゴリでは床と壁の取合い納まりについて説明をしていこうと考えています。 床と壁の取合いというのは具体的にどんな部分なのかというと、いわゆる「巾木(はばき)」と呼ばれる部分になります。 上図は左側が床フローリング+木製巾木、右側がタイルカーペット+ビニル巾木、壁はLGS下地+石膏ボードという納まりで、よく見かける関係になっています。 こうした […]

続きを読む

床仕上材の仕様は色々ある

床納まりの大きな分類について

床仕上の納まり方針などがなかなか決まらない場合は結構あって、だけど鉄骨などの製作リミットは確実にある、という場合にどう対応していけば良いのか。 こうした問題には「これ」という確実な解決方法がないというのが現実ですが、それでも出来るだけ正解に近いと思われるやり方で進めるしかありません。 方針がどちらか決まらない、というような状況があったとしても、それを後まわしにしても問題ないような構造体にしておく事 […]

続きを読む

床レベルによりS柱形状が変わる例

施工者としての検討事項

床仕上の具体的な納り例として、前回は床に石を張りたい場合の断面図を作図してみて、床と同時に梁を下げておく必要性について考えてみました。 鉄骨や鉄筋コンクリートなどの構造体を造っていく際には、構造図に記載されている内容を遵守することは当然として、仕上との関係も充分に検討する必要があります。 いくら構造図通りの梁レベルにしても、仕上の納まりを考えていくとそれでは納まらない、という場合が時にはあるんです […]

続きを読む

床石張りの標準断面図

床仕上と床コンクリートの具体的な納り

建物はその場所によって床仕上材のグレードを色々と使い分けていき、その床仕上材によって構造体のレベルが変わる場合がある、という話を前回は取り上げました。 こうした根本的な納りについては、間違えてしまうと影響が非常に大きくなってしまうため、出来るだけ早めに決定をしておいた方が後が楽です。 と言うことで、今回は床仕上材と構造体レベルの関係性について、もう少し具体的に考えてみることにします。 例えば床仕上 […]

続きを読む

床仕上の一例

床仕上と構造体との関係

今までのカテゴリでは、建物の構造体である鉄骨や鉄筋コンクリートがどのような納まりになっているのか、検討のポイントはどのような部分にあるのかなどの説明をしてきました。 検討項目は多岐に渡っていて、しかもかなり細かい話もありましたが、納まりを検討する上ではどれも欠かすことの出来ない項目だと思っています。 そうした考えがあったので、ちょっと長くなってしまったかも知れませんが、あまり省略をしないようにして […]

続きを読む

ダイアフラムの50段差

床仕上による梁レベルの設定で…

平面プランがどのような感じになるのかによって、それぞれの部屋の用途が決まってきて、それぞれの部屋の床仕上材や床の下地情報がある程度決まります。 そうした方針に合わせて、構造体である鉄骨梁のレベルを下げたりする検討を進めるのは、構造設計者の役割という事になります。 建物の意匠的な部分によって構造の方針が決まる、あるいは構造は最終的な仕上ラインから出てこないような計画を進める必要がある。 こうした考え […]

続きを読む

鉄骨造の一般床納まり

床仕上と鉄骨梁レベルの関係

鉄骨梁のレベルを検討していく中で、先ほど出てきた「鉄骨は小さな段差が苦手」という項目が、具体的にどう困るのか。 鉄骨梁のレベルがどのようにダイアフラム納まりに絡んでくるのか、というあたりの話を今回は紹介しようと思っていましたが… すみません、ちょっと順番が違うかもでした。 鉄骨梁のレベルによってダイアフラムの納まりが変わってくる、という話をする前に、鉄骨梁に小さな段差が出来るのはどのような状況なの […]

続きを読む