• 仕事の理想的な流れ
    楽しく仕事をするために

    さて…建築に関わる仕事に就くことについて色々書いていたら、いつの間にか大学受験の話になってしまいました。ただ、大学受験と建築系の職に就くこととは全然違う話でもないので、こうした話になるのは仕方がないかなとも思います。進学する大学の学部によって、卒業後の職種がある程度は絞られてくる[...]

    続きを読む
  • 受験勉強は結構苦しい…
    仕事に就いてからの勉強

    建築に関する仕事に就くための最も一般的な流れはどんな感じなのか、という話を前回はかなりシンプルにではありますが考えてみました。まずは大学の建築学科に進学して建築に関する勉強をして、大学を卒業するタイミングで設計事務所やゼネコンなどに就職する。だけど建築学科がある大学に進学するためには、そ[...]

    続きを読む
  • 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む

床仕上と構造体との関係

今までのカテゴリでは、建物の構造体である鉄骨や鉄筋コンクリートがどのような納まりになっているのか、検討のポイントはどのような部分にあるのかなどの説明をしてきました。
検討項目は多岐に渡っていて、しかもかなり細かい話もありましたが、納まりを検討する上ではどれも欠かすことの出来ない項目だと思っています。

そうした考えがあったので、ちょっと長くなってしまったかも知れませんが、あまり省略をしないようにして、出来るだけ分かりやすいようにと色々と説明をしてきたつもりです。
建築に関する知識全般という意味で見ていくと、これまでの説明ではやっぱり不足している、という感じにはなってしまうと思います。

しかし、建築関連の仕事を始める段階で知っておいた方が良い知識としては、まずまずの内容ではないかとも思っています。
充分ではないけれど、そこそこという感じでしょうか。

今後さらに構造体の納まりについて情報をプラスする可能性はありますが、出来るだけ優先順位を考えながら説明を付け足していこうかなという感じです。
それよりも先に書いておきたい項目が結構たくさんあって、追記していくかどうかはそれらを網羅してからになるのでもう少し先ですけども。

さて、こうして今まで説明してきた、建物の骨組みと言える構造についてじっくりと検討していくことは、間違いなく重要な事ではあるのですが…
結局は構造体ですから最終的に仕上材によって隠れてしまう部分である、という現実があって、検討項目としては日の目を見ないというか、あまり目立たない感じがあります。

繰り返し書いてしまうと、もちろん構造体についての検討をするのは非常に重要な事ではあるのですが、出来れば最終的に見える部分についても考えたいところです。
という事で、このカテゴリからは仕上関連の納りについて色々と説明をして、もちろん構造体との関連についても取り上げていこうと思っています。

その中で今回は床の仕上関連について考えていきたいと思います。

床仕上の一例

S造・RC造・SRC造についての説明をした中でも触れましたが、床仕上というのは構造体の納りに大きな影響を与えるものです。
床仕上がどんな製品になるのか、納りはどのような関係になっていくのか、という内容によって、構造体のレベルが変わってくることになります。

構造体のレベルが変わる場合には、どこでそのレベルを切替えるのが良いか、そして切替える部分の納りはどのようになるのかなど、検討すべき項目は多岐に渡ります。
と言うことで、このカテゴリではその床仕上にフォーカスして、床仕上の一般的な納まりとか、特殊な納まりで構造体に影響を与える場合の納まりなどを紹介していきます。

詳しい解説はそれぞれの項目で取り上げていくのでここでは概略だけにしておきますが、基本的な床仕上と構造体との関係は下記のような流れで考えていきます。

・建物は場所によって床仕上のグレードを色々と変えていく

・床仕上材にはある程度の厚さがある場合もある

・その場合は床コンクリートレベルを下げておく必要がある

・当然梁など絡む部分のレベルも下げておく

・床仕上だけではなく特殊な納りで床を下げる場合もある

このように、床仕上がどのような納りになるのかによって、コンクリート床レベルや梁レベルは大きな影響を受けることになります。
特殊な床仕上によって床コンクリートレベルを下げておく必要がある場合、その範囲に入っている梁のレベルもそれにあわせて下げておく対応が必要になったりもします。

結局は構造体に絡んでくる事になる床仕上という事で、ようやく仕上関連の話をすることが出来ますが、これから色々と説明していこうと思います。

関連記事

  1. 床仕上レベル設定の考え方
  2. 排水溝の断面図
  3. フローリングの納まり例
  4. 磁器質タイル
  5. セルフレベリング材の施工例
  6. サンドブラスト仕上