• 仕事の理想的な流れ
    楽しく仕事をするために

    さて…建築に関わる仕事に就くことについて色々書いていたら、いつの間にか大学受験の話になってしまいました。ただ、大学受験と建築系の職に就くこととは全然違う話でもないので、こうした話になるのは仕方がないかなとも思います。進学する大学の学部によって、卒業後の職種がある程度は絞られてくる[...]

    続きを読む
  • 受験勉強は結構苦しい…
    仕事に就いてからの勉強

    建築に関する仕事に就くための最も一般的な流れはどんな感じなのか、という話を前回はかなりシンプルにではありますが考えてみました。まずは大学の建築学科に進学して建築に関する勉強をして、大学を卒業するタイミングで設計事務所やゼネコンなどに就職する。だけど建築学科がある大学に進学するためには、そ[...]

    続きを読む
  • 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む

壁仕上材が特殊な場合の廻り縁-1

標準的な天井納まりとは言っても実際にはいくつかのパターンがあって、それぞれのパターンによって廻り縁の納まりが少しずつ違ってきます。
という主旨で、前回はそれぞれの天井納まりパターン毎に、廻り縁の納まりがどうなるか、という説明を断面図とあわせてしていきました。

実際に断面図で表現してみると、あまり納まりとしては大きく変わるという程の話ではない事が分かってきましたが…
それでもいくつかの納まりパターンを知っておくことは決して無駄ではないので、前回紹介した納まりは覚えておく事をお勧めします。

今回も引き続き廻り縁についての話になりますが、今度は壁の仕様が少し特殊な納まりになっている場合の納まりを取り上げてみたいと思います。
まずは壁仕上げが特殊な場合という事で、そのパターンをピックアップしてみると、こんな感じの仕上材が挙げられると思います。

・化粧ケイ酸カルシウム板

・Dボード

・アルポリック

・メラミン化粧板

他にも特殊な壁仕上材としては、石などがあるのですが、今回取り上げるのは、あくまでも石膏ボードに追加して貼っていくタイプの仕上材です。
そもそも別の下地で構成されている壁仕上材と廻り縁との関係については、もう少し後で説明していくことにして、まずは上記の仕上材について考えてみましょう。

□化粧ケイ酸カルシウム板

化粧ケイカル板は石膏ボードの上に接着貼りで納めていく仕上材で、天井仕上材が何かにもよりますが、基本的には天井仕上材よりも下で止まる事になります。
納まりとしては石膏ボードの場合と同様にケイカル板勝ち納まりでも良いのですが、目的が表面仕上になる訳ですから、天井裏まで貼ってもあまり意味がありません。

そう言った意味で、化粧ケイカル板に関しては「天井勝ち納まり」という事になり、廻り縁の納まりのその関係で考えていく事になります。
化粧ケイカル板のジョイント部納まりにはいくつかのパターンがありますが、基本的にはジョイナー納まりかシール納まりが一般的です。

天井取合いの納まりもその考え方を踏襲していく事になり、ジョイナー納まりであれば下図のような関係になってくると思います。

壁化粧ケイカル板天井取合納まり例

天井とは少し隙間をあけて、そこにジョイナーを納めていくという考え方ですね。
シール納まりの場合も基本的には同じ考え方で、天井との間に隙間を設けておき、そこにシールで納めていくとう感じになります。

壁化粧ケイカル板天井シール納まり例

化粧ケイカル板はクリーン度を求められる部屋の壁として採用される場合が多いので、天井も化粧ケイカル板の場合が多いです。
そうなるとジョイナーやシールをぐるりと廻すという納まりの考え方で、問題なく綺麗に納まってくることになります。

□Dボード

Dボードというのは、ダイノックシートを巻いたケイカル板の商品名です。
厚みが6mmである事や石膏ボードとの関係、天井との関係についての考え方は、基本的に化粧ケイカル板と似たような感じになります。

Dボードは表面仕上げに特化した壁仕上材ですから、天井の上まで伸ばしていく必要は特になく、天井の下まで貼ってあればOKという事に。
また、Dボードはジョイント部分を目透かし納まりにすることが基本になるので、天井との関係も目透かしにしておく方が綺麗です。

壁Dボード天井取合納まり例

そうした内容を踏まえた納まりを検討していくと、Dボードは上図のような関係で納めるのが良いという事になります。
Dボードは基本的に目透かし納まりになるので、天井仕上材はDボードの下地となる石膏ボードまで伸ばしていく関係性となるはず。

その部分にはコ型廻り縁を設けるかどうかですが、目立たない部分でもあるので入れておいた方が良いと思います。
Dボードの厚みよりも見付が小さいタイプであれば、恐らくほとんど見えてくることはないはずなので、端部の納めとしては欲しいところです。

関連記事

  1. 壁・天井アルミカットパネル納まり
  2. コ型廻り縁のカットライン
  3. 壁アルポリック+天井十手廻り縁納まり
  4. 下り壁見切材で納めた例
  5. 天井直貼+コ型廻り縁の納まり
  6. SD枠の曲げ部分拡大図