• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

金属巾木の特徴と納まりと

前回は巾木としてタイルを採用した場合の納まりについて説明をしてきましたが、巾木というかそのまま壁の納まりという場合が多かったですね…
ポイントは水勾配がある場所での採用が多いという事で、それが床との関係をどうするかの決め手となっていく、という感じでした。

ただ、巾木としてのタイルはそれほど多くの場所に採用される訳ではない、という現実もあって、ちょっと納まりが複雑な割にはあまり出番は多くない傾向にあります。
とは言っても、建築的な納まりの検討が必要な優先順にという点で考えると、水廻りの部屋はかなり優先順位が高いというか重点的に検討が必要になるはず。

あまり頻繁には出てこない納まりですが、検討の重要度としては高めなので、前回までで説明した内容はぜひ覚えてしまいたい項目だと思います。
今回から紹介する巾木は、タイルに比べるともう少し多くの場所で採用されることになる、金属巾木について色々説明していくことにします。

金属巾木というのは、もう読んだそのままの意味になってしまいますが、金属で出来た巾木の事を指しています。
金属と言っても材質は様々ですが、一般的には表面仕上げによって金属感が出やすいステンレスの巾木である場合が多いです。

スチールの巾木も出来ない訳ではありませんが、最終的な仕上は恐らく塗装仕上という事になってきて、見た目としてビニル巾木と変わらないという事になってしまいます。
それではわざわざコストをかけて金属巾木にするメリットは少ない、というかほとんど見た目が変わらないならメリットはないかも知れません。

そうした考え方があるので、例えばヘアライン仕上などで見せることが出来るステンレスが巾木の素材としては多くなる、という考え方です。
こうした金属巾木を採用するメリットとしては、やはり金属ならではの見た目のシャープさと、清潔感が挙げられるのではないかと思います。

SUS巾木のイメージ

材料としての硬質さというのも金属の特徴としてはあるのですが、巾木として採用する場合で考えると、硬質であることのメリットはそれ程多くはありません。
逆に硬質であるが故に、壁に対して隙間が出てしまったり、あるいは床の不陸を吸収できなかったりというデメリットもあるんです。

そのあたりの話は、意匠設計者も施工者も、巾木材料としての特徴という事で詳しく知っておく必要があると思います。

金属巾木を採用する場合には、床仕上材がどのようなものであれば適しているのか、というあたりを考えてみると結構色々あることが分かります。
床仕上材が石でも金属巾木はアリだし、床仕上材がタイルの場合でもそれほどおかしくはなく、長尺シート系でも大丈夫、という感じで幅が広い感じ。

逆に言うとどの床仕上材に対しても「これしかない」という感じではない、という話になるのかも知れませんが、色々な床仕上材や壁仕上材にマッチする巾木だと思います。
フローリング床でも仕上材の雰囲気としては合ってくるのですが、薄い材料なのでフローリングの緩衝材を隠すことが出来ない、というあたりがちょっと気になりますね。

ステンレス巾木の厚みは特にこだわりがなければ1.5mmで問題なく、壁に対して接着剤で固定していく事になります。
まずは床仕上材が石の場合の納まりを考えてみると、この場合は巾木を少し床に対して勝たせて納めていき、巾木取合いはシールという場合が多くなってくると思います。

後から施工する事を考えて床勝ち納まりでも問題はないので、施工手順と最終的な見た目をイメージしながら判断していく事になります。

床石+SUS巾木の納まり例

上図を見ると入巾木にしたくなってくるのですが、入巾木にすると石膏ボードの切り口が綺麗に納まるかが微妙な感じになるので、私はあまりお勧め出来ません。

床タイル+SUS巾木の納まり例

床仕上材がタイルの場合も、床仕上材が石の時と同じく巾木勝ちでシール納まりになり、ほぼ同じ納まりになってきます。
入巾木の場合の納まりも同じですね。

SUS巾木を入巾木とした納まり例

金属巾木の納まりについての話はもう少し続きがあるので、次回は床仕上材がフローリングの場合の納まりから話を続けていくことにします。

関連記事

  1. ビニル巾木のイメージ
  2. 細部にこだわる事も必要
  3. まとめ
  4. 床フローリング+木製巾木の納まり
  5. 巾木を表現した建具まわり納まり図
  6. 壁コンクリート+床石+石巾木の納まり