• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

外壁タイルの床取合い納まり

前回は壁仕上材としてタイルを選定した場合という事で、外壁タイルと壁下地コンクリートとの関係、そして巾木の考え方について説明をしてみました。
外壁タイルの場合は特別に「巾木」という考え方をする事は少なくて、壁の仕上をそのまま床まで持っていく納まりになる場合が多い、という話でした。

その場合の床との取合いは基本的に「壁勝ち納まり」という事になる、というあたりまでを前回は説明しましたので、今回はその続きからスタートです。
まずは一般的な外壁と床の取合い断面図について考えてみると、壁勝ち納まりという事ですから、下図のような関係になってきます。

外壁タイル勝ち納まり

内部の床仕上レベルは恐らく1FL±0でほぼ統一されると思いますが、外部は平らにしておくと水が溜まってしまうので、意図的にレベルを変えて水勾配を付けていく必要があります。
そうした理由から、床のレベルは1FLよりも下がっていく事になって、それに合わせるように壁仕上材も少し伸ばしていく納まりになるのが一般的です。

ある程度壁仕上材を床レベルよりも下まで伸ばしておいて、そこに勾配がついた床仕上材をぶつけた方が施工も楽だし納まりも良いという考え方ですね。
これとは逆の納まりを考えてみると、場所によって異なる床仕上レベルをまずは想定して、そこから10mm程度上げた位置で壁のタイルを綺麗に切っておく納まりになりますが…

外壁タイル床勝ち納まり

上図では何となくおかしくない感じにはなっていますが、タイルを斜めに切っていく部分が綺麗にはならず、しかも床との関係に逃げがないという納まりになります。
壁タイルをシビアな管理で斜めに切っていくなど面倒な作業をする割には、最終的な見た目があまり良くないという残念な状態になりがち。

なのでこれはあまりお勧め出来ません。

外壁タイルの巾木部分納まりについてはこのあたりで終わりにして、今回は引き続き壁タイルと床との取合いという事で、内部の水回りについて考えてみることにしましょう。

外壁のタイル取合いについて考えた際には、止水ラインが鉄筋コンクリート壁になっているため、防水などの納まりは特に考慮しませんでした。
しかし浴室など内部水廻りの部屋では、大量に使用する水を下階に漏らさないように、アスファルト防水を施工する場合がほとんどです。

そうなると、床仕上材と壁タイルとの取合い納まりでは、アスファルト防水を意識しておくことが必要になってきます。
具体的な話をすると、アスファルト防水をある程度のレベルまで立ち上げておき、防水層をモルタルで保護した上にタイルを貼っていくという考え方になります。

アスファルト防水+タイル納まり

アスファルト防水は10mm程度の厚みがあるものです。
アスファルト防水を施工した後でその面をモルタルで保護する訳ですが、モルタル面がコンクリートと同面になっていないと壁仕上材としてのタイルが施工出来ません。
そうした寸法関係を考えていくと、鉄筋コンクリートには25mm程度の欠き込みが必要だということが分かってきます。

鉄筋コンクリート面のモルタル補修をどの程度見込んでおくかですが、5mm程度見込んでおけば特に問題はないと思います。

また、タイルを貼っていく下地として、保護モルタルと鉄筋コンクリート面という二種類の下地がありますが、異なる下地をまたいでのタイル張りはお勧め出来ません。
そうした下地の取合いなどを考えていくと、タイル割付によってコンクリートの欠き込みレベルが決まってくる、という納まりが見えてきます。

巾木部分の納まりは外壁と同じ。
水廻りの部屋になるので床には水勾配を付けていく必要があって、そうした納まりを考えると壁勝ちにしておく方が納まりは良いし見た目も良いです。

という感じで、あまり「巾木」という感じではありませんでしたが、壁タイルと床との取合い納まりについての説明はこれで終わりにしておきます。
次回はもう少し採用される確率が高い金属巾木の特徴や納まりなどを説明していくことにします。

関連記事

  1. 和室の真壁イメージ
  2. 後からボードを追加すると納まらない
  3. 巾木は清掃時に壁を守る役割を持つ
  4. 洗面カウンターの巾木
  5. 巾木タイルの一例
  6. プロジェクトの規模に対するゼネコンの社員はそれほど多くない