• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

人の手を使った表面処理

石の表面をバーナーで焼いたり何かを吹付けたりすることによって表面に凹凸を出していく、という表面処理方法について前回は紹介をしました。
表面に凹凸を付ける意図は二種類に分かれてきて、ひとつは意匠的にそう見せたいという目的がある場合で、もうひとつが滑らないようにという目的があります。

前回紹介した表面仕上げの中では、ジェットバーナー仕上やジェット&ポリッシュ仕上などが滑らないようにという目的の表面処理になっています。
建物全般に言えることで、もちろん見た目が美しいというのは重要な要素ではありますが、きちんと性能を満たした上でという条件が当然ある訳です。

なので、いくら美しい石の仕上を床で採用したとしても、滑りやすくて建物利用者から苦情が来るようであれば、それは求められる性能を満たしていないという事を意味します。
そうなってしまうと、結局後から滑り止めのテープを貼り付けたり、雨の日は滑らないようにマットを敷いたりするので、見た目も全然良くない事になってしまいます。

そういった状況にならない為にも、意匠設計者は見た目はもちろん性能の事も意識して仕上材を選定していく必要がある、という事が言えます。
意匠設計者の責任は重大ですが、建物を設計するというのはそういう事ですから、様々な仕上材に対して深い知識が求められることになります。

さて、石の表面仕上げについて今まで色々と書いてきて、恐らくこれで最後になると思いますが、石の表面に人の手で凹凸をつけていくタイプの表面仕上げについて今回は紹介します。

□ノミ切り仕上

ノミ切り仕上というのは、大きさは様々ありますが「ノミ」と呼ばれる工具を使い、人の手で石の表面に凹凸を付けていく仕上になります。
石を割った状態から、人の手によって出っ張ったところをノミで削っていく作業を経て石の表面が完成することになります。

石の表面にノミの跡が残ることになり、また、人の手で削っていくことによって変化に富んだ表面の仕上がりを楽しむことが出来ます。
機械によって短期間で仕上げることが悪い訳ではありませんが、人の手をかけることによって出てくる味わいというのも確かにあるものです。

□ビシャン仕上

ビシャン仕上

石の表面を「ビシャン」と呼ばれる先の尖った形状が並んでいるようなハンマーで叩いていき、それによって凹凸をつけていく表面仕上になります。
「ビシャン」というのは今ひとつピンと来ない工具ですが、トンカツを揚げる前に肉を叩いて柔らかくする調理器具に似た感じの工具です。

ビシャンハンマー

なぜビシャンと呼ばれるのかが気になって少し調べましたが、英語名の「ブッシュハンマー」から来ているという事しか分かりませんでした。
なぜブッシュハンマーがビシャンに変化していったのか、というあたりの話は全然分からないので、今ひとつ納得が出来ない気がします。

似てませんよね、ビシャンとブッシュハンマーって。

□小叩き仕上

小叩き(こたたき)仕上というのは、ビシャン仕上げをした後で横一列のくさび状ハンマーで叩いて仕上げていく表面処理方法です。
横方向に平行なラインが入ることになるので、この見た目は好みが分かれるかも知れませんが、実際に見てみると非常に綺麗で雰囲気がある仕上がりだということが分かると思います。

□割肌仕上

割肌(わりはだ)仕上というのは石の表面仕上げの中で最も荒々しいもので、石を割った面をそのまま表面に持ってきて見せるという仕上になります。
石を割ったままだと端部の面がどうしても違ってくる事になり、それを張っていくとどうしても面が合わない感じになってしまいます。

面を合わせる為に端部のラインを揃えるのか、それともそうした目違いも含めて割肌仕上と考えるのかは、設計者の好みということになるかと思います。
私の個人的な意見としては、やはり端部は揃っていた方が綺麗ではないかと思いますが、端部を揃えるくらいなら割肌を選ばないという考え方もきっとあるはず。

石の表面仕上にはどのような種類があって、それぞれどんな特徴があるのか、という話はちょっと長くなってしまいましたが、これで終わりにします。
石というのは奥が深いもので、同じ石種であっても産地によって色や柄が様々で、さらに本磨きにするか割肌にするかなどで全く違う表情を見せることになります。

今回は床仕上材として石を紹介した訳ですから、割肌仕上をここで知っても床仕上には活用出来ないという話もありますが…
覚える時にはある程度必要そうなものを一式で覚えた方が良いと考えて、ひとまず一気に説明をしてしまいました。

次回は床仕上材としての石の具体的な納まりについて紹介をしていきたいと思います。

関連記事

  1. 塗り床のイメージ
  2. 床仕上材の仕様は色々ある
  3. スケジュール感を持って進める
  4. 床石張りの標準断面図
  5. お礼
  6. 床仕上レベル設定の考え方