• 仕事の理想的な流れ
    楽しく仕事をするために

    さて…建築に関わる仕事に就くことについて色々書いていたら、いつの間にか大学受験の話になってしまいました。ただ、大学受験と建築系の職に就くこととは全然違う話でもないので、こうした話になるのは仕方がないかなとも思います。進学する大学の学部によって、卒業後の職種がある程度は絞られてくる[...]

    続きを読む
  • 受験勉強は結構苦しい…
    仕事に就いてからの勉強

    建築に関する仕事に就くための最も一般的な流れはどんな感じなのか、という話を前回はかなりシンプルにではありますが考えてみました。まずは大学の建築学科に進学して建築に関する勉強をして、大学を卒業するタイミングで設計事務所やゼネコンなどに就職する。だけど建築学科がある大学に進学するためには、そ[...]

    続きを読む
  • 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む

フローリングの特徴について考える

床仕上材としてある程度の厚みがあるものとして、前回までの説明では石とタイルについて、その特徴や納まりなどの説明を色々としてきました。
石とタイルは似たような納まりではありますが、グレード感やサイズの考え方などで少し考え方が違うので、場所によって使い分けていく必要があります。

グレードとしてはタイルよりも石の方が一般的には高級だと言われていますが、タイルも充分に美しい仕上材なので、意匠的に力を入れたい部分で採用される事になります。
これらの仕上は床コンクリートのレベルとあわせて、構造体である梁レベルにも絡んでくる事になりますから、出来るだけ早めに検討しておいた方が良いです。

後になればなるほど条件は悪くなる一方で、検討が早ければ早いほど出来ることは色々と残っているものですから、とにかく検討は早めが鉄則です。
このあたりの話は施工者の視点で話を進めていますが、設計者にとっても早めに施工図での検討が進んだ方が良いと考えるものです。

前回は床タイルの納まりで水勾配について話をしました。
石もタイルも同様で、水に濡れても大丈夫な床仕上材ですから、浴室など内部で水を使う部屋の床仕上材として採用される場合も多いです。

そうなると、下の階に水が漏れないようにという目的で、防水の納まりと絡んでくる場合が結構あって、納まりとしてはもう少し複雑な感じになっていきます。
防水についてはもう少し後で取り上げる予定ですが、このあたりの納まりが床仕上の中で最もややこしい部分のひとつではないかと思います。

逆に言えばそれ以上複雑な納まりはそうそうないという事でもあります。
床仕上材の納まりとしては、防水まわりの納まりを覚えれば、ある程度先が見えた感じがして気が楽になるのではないか、などと勝手な事を考えてもいます。

さて、石やタイルの話はこの辺で終わりにしておいて…
今回はそんな床仕上材の最後のひとつとして、フローリングの特徴や納まりの詳細などについて考えてみることにしましょう。

床仕上材の紹介はこれで最後ではありますが、恐らく世の中に存在する全ての仕上材について全て網羅出来た訳ではありません。
ただ、基本的な納まりのパターンは大体網羅しているはずですから、それらを応用していけば恐らく納り検討としては問題ないかと思います。

まずは「フローリングとはどんな仕上材なのか」という基本的な部分からいくと、フローリングというのは100mm程度の巾に統一した木を並べていく床仕上材です。
マンションなどでもかなり採用される床仕上材ですから、もしかしたら毎日目に入っている床仕上材かも知れませんが、イメージはこんな感じです。

フローリング仕上の一例

当たり前のことを書いてしまいますが、フローリングの最大の特徴は「木による温かみのある雰囲気」ということになると思います。
実際に木が温度的に温かい訳ではありませんが…

石やタイルなどは触ると冷たく感じる中で、フローリングはそこまで冷たくない事と、あとは木目とその色が雰囲気としてそう感じさせるのでしょう。
そうしたフローリングの特徴について、良い点も悪い点も含めて思うままに箇条書きしてみると、こんな感じになります。

・木目の独特な雰囲気が意匠的に優れている

・様々な木目と色があり選択肢が豊富

・木なのでどうしても床の表面に傷が付きやすい

・常時水に濡れるような場所では採用出来ない

フローリングの特徴を書き出してみると、やはり木という材料が持っている特徴がそのまま素直に出ている感じがしますね。
本物の木ではないダイノックシートなどのフィルムでは、サンプルを見ると本当に豊富な木目柄が用意されていますが、それだけ木目というのは需要があるのだと思います。

関連記事

  1. 床仕上材の仕様は色々ある
  2. 水勾配の分類
  3. フローリングの納まり例
  4. 浴室の水勾配検討
  5. 床仕上の一例
  6. 床OAフロアの例