• 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む

決定しない中での進め方

床仕上材の厚みによっては構造体である梁天端レベルを下げるなどの調整が必要になってきて、それが構造図の内容と違っている場合には構造設計者との調整をしていく。
施工者側の検討はこのような感じで進んでいく事になりますが、こうした検討も、平面プランが確定しないと最終決定にはなりません。

そうは言っても、鉄骨の製作を開始する段階でプランがきちんと決まっているケースはほとんどない、というのが現実でもあります。
そう言った場合にどうするのか、というあたりの話を今回は考えてみたいと思います。

「平面プランがなかなか決まらなかったので、どうしても鉄骨レベルを決めきることが出来ず、その結果として鉄骨がまだ製作出来ていません」

なかなかプランが確定しない場合には、こうした泣き言を事を言いたくなる状況になってしまいますが、そこをなんとかするのがプロの仕事です。
施主などの相手があることなので、すぐにプランが確定しないのは仕方がない事として、それでもスケジュール感を持って仕事をしていく必要があります。

具体的にはどのように進めるかというと、まずは相手に工事工程と製作工程について説明をして、現状をしっかりと分かってもらうことが重要です。
そうした共通認識を持った上で、ある程度段階を踏んで「鉄骨を製作する必要があるので、床レベルを下げる範囲はこの日がリミットです」とアナウンスしていく感じです。

スケジュール感を持って進める

プランは確定しなくても良いけれど、床レベルを下げるような変更はもう難しくなってくる、というようなアナウンスをしていき、それをプロジェクト全体で共通認識にしておく。
これは実際には結構難しい事ではありますが、これが上手くいけば、平面プランが確定していなくても鉄骨の製作には入る事が出来ます。

また、プランが決まり切らなくて後で変わりそうな雰囲気があった場合には、ちょっと範囲を大きめに床レベルを下げておくなどの安全策をとる、という判断も出来ます。
このあたりはコストとの兼ね合いもあるので、全部下げておくなどの乱暴なやり方は実際のところ難しいのですが、選択肢のひとつではあります。

先のことを考えた対策をとっておくには、設計者や施工者の調整能力とか判断の的確さが必要になってきて、それによって後々の流れが大きく変わってくることになったりします。
後で条件が厳しくなって苦労するとか、結局は納まらずに何かを諦めるとか、そうした事が出来るだけ少なくなるように進めていくのが施工者の仕事なんです。

こうした調整が上手いこと進めば、施工も思った通りに進めることが出来て、最終的には工程も品質も余裕を持って守る事が出来るようになります。
これは言うほど簡単な事ではありませんが、その為に施工者はたくさん建築のプロを動員して業務に取り組んでいくんです。

施工者は、今まで経験してきた知識や培ってきた危険予知能力などを駆使しながら、工程を守る事が出来るタイミングで鉄骨製作を開始する為に動いていく訳です。
床コンクリートが下がっていない状態で非常に困る場合もありますが、それと同じくらい「製作が遅れて予定通りに製品が搬入されない」状態も困ります。

そうならない為にも、全部の内容が決まっていないような状況であっても、ある程度の判断をして鉄骨の製作をかけていく事になります。
こうした検討や判断を面白いと感じるか、もしくは大変すぎてやりたくないと感じるかは人によって大きく違ってくるとは思いますが…

もし可能であれば、出来るだけ楽しんで取り組みたいところですよね。
納まりや工程が上手くいくかはともかくとして、仕事であっても楽しみながら挑戦が出来れば、仕事の面白さを感じるのではないかと思います。

関連記事

  1. 床レベルの検討
  2. 本磨き仕上の石
  3. OAフロア+タイルカーペットの納まり
  4. 床仕上の一例
  5. OAフロア+置敷きビニル床タイル
  6. 浴室の水勾配検討