• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

アスファルト防水の納まり

床の納まりを検討する際に、床仕上材の厚みだけではなく、もっと他に床コンクリートのレベルを下げておく必要がある項目があります。
という話を前回は取り上げて、幾つかの要素で床コンクリートを下げておく必要がある、という項目を紹介していきました。

・アスファルト防水

・OAフロア

・床暖房

・浮き床

上記のような性能を必要とする部屋では、床仕上材がどのようなものになるかを確認する以外に、それぞれの性能を確保する為の調整が必要になってきます。
部屋として必要とされる性能には色々な種類がありますが、それぞれの納まりをきちんと押さえておき、後で困らないような床コンクリートレベルの設定が施工者には求められます。

と言うことで上記で紹介した特殊な床下地について上から順番に説明していくことにして、まずはアスファルト防水を取り上げてみることにします。
アスファルト防水というのは、読んだままですがアスファルト系の防水仕様を指しています。

床仕上材の下にアスファルト防水層を設けることで、その部屋で使用する水が下階に漏れていかないようになっていく、という役割を持っています。
なので、アスファルト防水が必要となる部屋の条件としては、たくさんの水を使用して、その水が床に常時流される部屋、という事になります。

具体的に言えば以下のような部屋になるかと思います。

・浴室

・シャワー室

・厨房

・外部

トイレなども水を使用すると言う意味では同じではありますが、常時水を床に流しているかというと、そこまでではないですよね。
例えばトイレの床がタイルなどになっていて、毎日ホースで水を流してブラシでゴシゴシと洗うような場合はアスファルト防水が必要かも知れませんが…

今時そんなトイレはほとんど存在しなくて、大抵の場合はモップで拭いて終わりになりますから、基本的にアスファルト防水の性能までは必要ありません。
もちろん水を使う部屋であることは間違いないので、念のためにアスファルト防水をしておく、という考え方もアリだとは思います。

しかし、こうして万が一に備えすぎるとコスト的に無駄が増えてしまう為、実際の運用を考えて不要と感じるのであれば、それは恐らく不要が正解なのだと思います。
「ちょと心配だから」という理由でオーバースペックにしていく、というやり方は恐らく私を含めて誰にでも出来る仕事だと言えるでしょう。

しかし、その部屋に求められる性能を正しく理解して、さらにコストを考えてその部屋の仕様を決めていく、というのはやはり建築のプロにしか出来ない仕事。
必要な性能はきちんと残しておいて、不必要だと思われる性能は自信を持ってなくしていくことが出来るのは、やはり設計者が持っている能力だと言えます。

さて、そんなアスファルト防水の基本的な納まり断面図はこんな感じになります。

アスファルト防水の納まり例

上図は床をタイルにしている納まりですが、まずは床コンクリートを大きく下げておき、そこにアスファルト防水を施工していくことになります。
アスファルト防水を施工した後は、防水層を保護する為に押さえコンクリートを打設して、その上に床タイルを張っていく、という流れになります。

アスファルト防水の厚みは10mm~15mm程度なので、上図のように200mmも床コンクリートを下げなくても良いのではないか。
そう思ってしまうかも知れませんが、一般的にアスファルト防水を施工する部屋の床コンクリートは150mmとか200mm程度は下げておきます。

それはなぜかというと、アスファルト防水を施工する部屋では、その部屋に流している水を排水するための排水溝が必要になってくるからです。
床の上に流された水はどこかに排水する必要がありますが、その為にはまず水をどこかに集めておく必要があって、その為に排水溝を設ける訳です。

排水溝に集められた水は、溝の中にも勾配を設けて最終的には排水目皿などを用いて排水されていくことになります。
ちょっと言葉だけの説明では分かりにくいですね…

排水溝の納まり例

断面図に排水溝を記入してみるとこのような感じになっていて、排水溝にもある程度の深さが必要になりますから、やはり200mm程度の高低差が必要になるんです。
このあたりの排水溝深さなどは、部屋の広さなどによって変わってくるものですから、断面図だけで判断するのはなかなか難しいものです。

アスファルト防水についての話はもう少しだけあるので、次回は引き続き排水溝の床コンクリートレベルの話を進めていこうと思います。

関連記事

  1. ビシャン仕上
  2. セルフレベリング材の納まり例
  3. フローリングのへこみ例
  4. セルフレベリング材の施工例
  5. 白御影石のイメージ
  6. OAフロア+置敷きビニル床タイル