• 仕事の理想的な流れ
    楽しく仕事をするために

    さて…建築に関わる仕事に就くことについて色々書いていたら、いつの間にか大学受験の話になってしまいました。ただ、大学受験と建築系の職に就くこととは全然違う話でもないので、こうした話になるのは仕方がないかなとも思います。進学する大学の学部によって、卒業後の職種がある程度は絞られてくる[...]

    続きを読む
  • 受験勉強は結構苦しい…
    仕事に就いてからの勉強

    建築に関する仕事に就くための最も一般的な流れはどんな感じなのか、という話を前回はかなりシンプルにではありますが考えてみました。まずは大学の建築学科に進学して建築に関する勉強をして、大学を卒業するタイミングで設計事務所やゼネコンなどに就職する。だけど建築学科がある大学に進学するためには、そ[...]

    続きを読む
  • 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む

鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)

今までのカテゴリでは、建物の構造として鉄筋コンクリート造(RC造)と鉄骨造(S造)について色々と説明をしてきました。
建物の構造について語る際に、絶対欠かす事が出来ない要素として鉄筋コンクリートと鉄骨があって、まずはその二つを取り上げた訳です。

鉄筋コンクリートと鉄骨という二種類の構造について知った後は、それらの要素を組み合わせた構造についても知っておく必要があります。
と言うことで、このカテゴリではいよいよ鉄骨鉄筋コンクリート造、いわゆるSRC造と呼ばれる構造を取り上げようと思います。

「いよいよ」という表現を使うとかなり特殊な構造なのかも、という気がしてしまいますが、実際にはよく採用される構造なので特殊という訳では全然ありません。
ただ、鉄筋コンクリート造と鉄骨造を組み合わせた構造ですから、どちらか一方だけの構造よりも複雑になることは間違いなく、そういった意味で「いよいよ」という表現を使いました。

鉄骨造(S造)と鉄筋コンクリート造(RC造)を組み合わせた鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)には、構造体として様々なメリットがあります。
しかしその反面、納まりとしてはかなり複雑なことになる場合が結構あります。

なので、おそらく設計者も大変ですし、施工者側で鉄骨などの図面を検討する事になる方も、なかなか大変な思いをすることになるのではないかと思います。
こうして大変な役割を担う為には、そもそもSRC造の知識を持っていないと経験することが出来ませんので、このカテゴリではSRC造について色々と書いていきたいと思います。

納まりが複雑で大変…
こうした話を聞くと身構えてしまう方もいると思います。
私もやっぱり仕事でSRC造の建物を担当する場合があるのですが、そうなった場合には少し身構えてしまったりします。

今回はSRC造か…みたいな感じで、少なくともテンションが上がる要素としてSRCというキーワードがある訳ではない、というのは確実です。
しかし現実として鉄骨造や鉄筋コンクリート造に比べると納まりが複雑なことは事実なので、これはもう仕方がないのかなと思っています。

納まりの難しさ

ただ、必要以上に難しそうだと考えて身構えてしまうと、それほど難しくない要素でも難しく捉えてしまい、知識が入りにくくなってしまいます。
それでは難しい要素が余計に難しくなってしまうので、少し複雑な納まりになっている、程度の認識で色々なことを覚えていくのが良いのではないかと思います。

確かにSRC造の納まりは難しい部分が多いです。
これは事実ではありますが、難しいだけにきちんと理解をして覚えてしまうと色々な部分が本当に分かってくる、というメリットもあります。

これは何事でもそうだと思いますが、誰でも理解出来るような簡単なことをやるよりも、誰もやりたがらない面倒で難しいことにこそチャレンジする価値がある、という事でしょう。
偉そうなことを書いている私自身も、例えば次に担当する業務がSRC造の鉄骨関連すべてと言われたら少し憂鬱になるかも知れませんが…

これは施工者側の図面担当をする方の立場で書いていますが、実際にそうした立場で仕事をしている方であれば気持ちは結構分かると思います。
色々と検討しておく必要があることが多いので、施工者としてSRC造の鉄骨を担当すると、やはり気を抜けなくて疲れてしまうんですよね…

最初から「難しいですよ」というニュアンスで脅かしても仕方がないのですが、そんな感じのSRC造ですから少し解説としては細かい部分が多くなってくるかも知れません。
出来るだけ分かりやすく説明していけるように努力しますので、どうか最後までお付き合い頂けると嬉しいです。

関連記事

  1. SRC梁の型枠
  2. S梁側からSRC柱を見た断面図
  3. 異形鉄筋のイメージ
  4. SRC柱の主筋を検討した結果
  5. 耐火被覆が不要
  6. 鉄骨梁レベルが異なる場合