• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

どこまでCADを使えれば良いか

図面を作図するツールとして普及しているCADをどの程度使いこなせるかによって、図面を作図する効率は驚く程違ってきます。
CADが用意している機能はたくさんある為、それぞれのシーンで的確な機能を使えるかどうかによって、作業効率に大きな差が出てしまうんです。

ただし、何も全ての人が図面を作図する仕事をしている訳ではありませんから、誰もが効率良く図面を作図できる必要はない、という意見もあります。
こうした話には色々な意見があるとは思いますが、CADをどこまで使いこなせる必要があるか、というあたりの話について今回は考えてみます。

今現在、図面を作図する為に使うツールはCADがほぼ100%を占めていて、手描きで図面を作図するだけではニーズを満たすことは間違いなく出来ません。
そうした状況を考えると、建築に関わる業務に携わるすべての方がCADを使えた方が良い、というのが理想であると言えるでしょう。

もちろんそれはあくまでも理想的な状態です。

CADを使う

現実を考えてしまうと、全ての人がCADを使いこなせる状態になる、というのはちょっと難しいというか現実的ではない部分もあります。
それは何故かというと、毎日CADを使っている訳ではなく、たまに使うくらいの頻度で使っている方であれば、スムーズに使いこなせるようになっているレベルに達する事はなかなか難しいからです。

時々使うとか、作図された図面をデータで見るくらいの使用頻度であれば、何とか使えるくらいのスキルがあれば充分なんです。
実際に業務として困らない状況であれば、CADをしっかり使いこなせるようになっている必要性はそれほど高くありません。

建築に関する業務と言っても、図面に関わる業務以外にも色々な仕事がありますから、実際に図面を作図する業務に携わる方だけがCADに精通していれば良いとは思います。
図面に関する業務に就いていない方であれば、CADについての知識や操作のスピードなどを求められる機会は恐らくほとんどないはずですから。

これはどんな種類の仕事をしているかによって変わってきます。

ある程度までCADを操作できればOKであったり、CADを使ってどんなことが出来るのかを知っておくだけで自分の仕事としては充分だったり。
実務はそれぞれのプロに任せて、自分は概要だけを知っていれば問題ない、という立場の方も中にはいらっしゃるのではないかと思います。

ただ、それでもCADについて全く知識がないのでは困る場合がありますし、CADを操作することに拒絶反応を示すような状態ではさらに困るはずです。
そのあたりも踏まえて、実際の図面を作図しない方がどの程度までCADを知っていれば良いのか、ということをこのカテゴリでは考えてみたいと思っています。

作図された図面を印刷するくらいが出来ていれば問題ないのか、それともある程度図面を編集するところまで必要なのか、それとも大まかな考え方だけを知っていれば問題ないのか。
これは先ほども書きましたが、どのような立場で図面に関わっているかによって「CADをどこまで知っておけば良いか」は少しずつ違ってきます。

逆に毎日多くの時間をCADでの作図に費やす事になる立場の方もいるはずで、そうした方であればCADについての深い知識を持っておいた方が良いでしょう。
もちろん仕事で毎日CADに触れているのであれば、特に強く意識しなくても勝手にCADを覚えてしまう事になるとは思いますが…

業務での必要性に応じて求められるCADのスキルは違ってくるという話でした。

関連記事

  1. CADデータ
  2. 寸法矢印の選択
  3. 信頼関係
  4. 作図時間
  5. ハードル
  6. 青焼き