• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

構造図の特記仕様書

今回からしばらくの間、構造図を構成する図面の種類について、それぞれ簡単に説明をしていこうと考えています。
今回紹介するのは特記仕様書です。

意匠図を構成する図面について説明をした際にも特記仕様書は登場しました。
建物を構成する仕上材の品番などについて、図面では表現しにくい情報を特記仕様書の文字情報によって補完していく。
これが意匠図の特記仕様書が持っている役割でした。

構造図の特記仕様書も似たような役割を持っていて、構造図を構成する図面だけでは表現しにくい情報を特記仕様書で表現していく事になります。
また、構造体を構成するコンクリートや鉄筋や鉄骨などは、ある程度決められたルールのようなものが存在します。

具体的な例としては、鉄筋を曲げる際にはどのような径で曲げていけば良いのかとか、先端にフックを付けるかどうかなどの基本ルールです。
こうした情報をそれぞれの図面で毎回「鉄筋の曲げはこのルールで」と記載するのは大変なので、最初にこうしたルールを表現しておいた方が分かりやすいです。

そうすれば構造設計者も楽だし、施工をする側としても、最初に基本的な考え方が示されていた方が楽で分かりやすいです。
構造図の特記仕様書はこのような使い方をします。

先ほども例に出しましたが、鉄筋を曲げる際の基本ルールというのは、どのような建物の場合でもそれ程変わることがありません。
例えば梁の断面として下図のような表現をする場合を考えてみると…

梁配筋の仕様

上図で梁の上下主筋とスターラップの仕様が分かります。
梁の鉄筋について詳しい説明がまだ出来ていないのに、こうした例を出してしまいましたが、主筋とスターラップについてはこんな関係になっています。

梁配筋を記入した状態

これで鉄筋コンクリート梁を構成する鉄筋の仕様は分かりましたが、実際に施工をする際には、鉄筋を直角に曲げるようなことはやりません。
というか、鉄筋を直角に無理矢理曲げてしまうと、恐らく鉄筋は折れてしまうので、強度としては弱くなってしまいますよね。

構造体を構成する鉄筋にそのような事は出来ないので、ある程度余裕をもって鉄筋を曲げていくことになる訳ですが…
そのあたりの情報は上図を見ても分かりません。

という事で、そうした図面だけでは判断できないような情報をきちんと示していく事が特記仕様書の役割になります。
上図で鉄筋コンクリート梁を構成する鉄筋の仕様が分かって、特記仕様書で鉄筋を曲げる際のルールが分かる、という感じです。

特記仕様書の鉄筋曲げ部分

鉄筋の曲げについて、特記仕様書では上図のような感じの記載があります。
鉄筋径や仕様によって最低曲げ半径が決められていて、それを守って現場では鉄筋を組み立ててください、というような事が書いてある訳です。

こうした基本的な考え方というのは、実際に現場で鉄筋を組み立てる人にとって当たり前の事だったりする訳ですが…
それでも建物の構造体についての方針を示している構造図にきちんと記載しておく、というのは非常に重要な事になります。

鉄筋の曲げというのはひとつの例で、こうした構造体を構成する為の基本ルールというのは色々な部分や種類であるものです。
それらの細かい部分について、丁寧に基本ルールを示していくのが特記仕様書の役割になります。

鉄筋を加工する為の基本ルールとか、鉄筋の最小かぶり寸法などは、ある程度ベースとなる基本ルールが存在するので、恐らく毎回似たような特記仕様書になると思います。
実際には構造設計者も毎回特記仕様書を使い回しているのが現実だと思いますが、だからと言ってその基本ルールを守らなくて良い訳ではありません。

構造図を見る際には、まずこの特記仕様書をじっくりと見ていき、その後で様々な図面を見ていく、という順番で読み進めていく事をお勧めします。

関連記事

  1. 外構
  2. 床伏図
  3. 図面
  4. ダクトのイメージ
  5. 断面図
  6. 土工事