• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

構造体と意匠との関係もある

構造設計者の業務を紹介していく中で、構造をきちんと検討しているからこそ、建物が倒れる心配などをする必要がないという話を前回は取り上げました。
建物としての当たり前を確保するには色々な検討が必要になってくるものですが、建物を建てるプロであればその前提を守っていく事が求められます。

こうしたプロとして求められるレベルという話もあるのですが…
それ以前の話として、ビジネスとして建物を建てる仕事をしている以上、建物を利用する方の要望には可能な限り応えるのは当然という話もあります。

一時的な事だけを考えるのであれば、お客さんの要望など無視して利益を優先する事は出来るはずですが、それでは当然仕事として長続きするはずはありません。
長いスパン継続していくビジネスを意識していくのならば、きめ細かい仕事をしてお客さんに喜ばれるような質の高い仕事を継続する必要があります。

ビジネス

という基本的な話は誰でも分かっていることだと思うんですけど、基本的な事だからこそ、それを徹底する事が難しかったりするものです。
…と、少々変な話に進んでしまいましたが、構造設計の話に戻ります。

構造設計で難しいのは、建物に欠陥が出ないようにするという大前提の中で、建物を頑丈にしようと思えばいくらでも柱とか梁を大きくするなどが出来てしまうという部分にあります。
「いくらでも」という表現は少し極端ではありますが、ある程度のレベルまで構造体を最優先する事は充分に可能なんです。

柱や梁を大きくすれば建物は頑丈になっていき、構造体の事を考えた時に安心感が増していくことは間違いありません。
ただ、必要以上に建物を頑丈にしていく事は、建物全体の事を考えるとそれほど良い事とは言えない部分もあるんです。

理由はふたつ。
ひとつは必要以上にコストがかかってしまうということ、そしてもうひとつが柱や梁などを大きくすることで建物の使い勝手が悪くなるということ。

代表的な構造体として鉄骨で考えると、例えば450角のコラム柱よりも600角のコラム柱の方が高額な事は間違いありません。
また、柱サイズが大きいというのは構造体としては非常に安心なのですが、大きすぎる柱が邪魔になるという側面もある訳です。

建物内で人が利用できるスペースを出来るだけ確保するという考え方をしていくと、構造体のサイズは必要な性能を満たしつつ最低限の大きさに設定したくなります。
さらに言うと、柱に付随して梁が大きくなると天井裏のスペースが厳しくなり、設備が納まらなくなる為天井高を下げるなどの対応が必要になってきます。

そうなると部屋はさらに狭く感じる事に…

このように、構造体を大きくするとどうしても居住スペースが狭くなる方向に話は進んでいき、さらに建築にかかるコストが高くなっていくことになります。
そんな状態では当然施主は喜びません。

設計する建物にかかる力を適切に見積もって、それに充分耐えられる建物でありながら、なるべく過剰にならないように、というバランス感覚をもった考え方が必要になるんです。
かなり極端な表現をすると、大地震が発生した際に少しだけ余裕を持って耐えられるくらいの建物を設計する、というのが構造設計の理想ではないかと思います。

もちろんギリギリを試すことは出来ませんから、安全率を見てある程度の余裕を考えておく、という現実的な判断をしてい必要はありますが。

建物は頑丈であるに超したことはなくて、コストを度外視すればそれが実現するのですが、どこまで実現させるかは難しい判断になります。
また、世の中何が起こるか分からないという状況もあって、どこまで備えておけば安心なのかも分かりにくいというのも現実としてあります。

それでも今までの統計などがありますから、コストや使い勝手など色々な要素を考慮して、その中でバランスを考えながらの設計していく、というのが構造設計の仕事です。
建物が崩壊したりすると人命に関わってしまい、コストを最優先した適当な設計は出来ないというプレッシャーもあり、構造設計は非常に重要な業務だと言えるでしょう。

関連記事

  1. ダクトのイメージ
  2. 照明設備
  3. 図面
  4. 天井内レイアウト
  5. マンション購入
  6. 建物つくり