• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

建物の構造体に対する信頼性

建物を設計すると言ってもそこには色々な業務があって、それぞれ専門の分野についての設計を進めていく事によって少しずつ建物の計画は進んでいきます。
ここではそれぞれの設計がどのような内容で設計を進めるのか、というあたりの話を説明していきますが、前回は構造設計者の業務について取り上げてみました。

建物にかかってくる様々な力、例えば地震時にかかる力や通常時にかかる建物自体の重量などに対して、問題なく耐える事が出来るような構造体を検討していく。
これが構造設計者の大きな役割になるという話を前回は紹介しました。

構造体というのは建物にとって非常に重要な要素でありながら、実際のところは要求されている条件を満たす事が当たり前と考えられています。
建物が出来上がった後で、建物の自重と利用者の荷重によって倒壊したとか傾いたとか、そうした事は通常あまり想像しないものですよね。

そうした当たり前という感覚があるのは、構造設計者が建物の構造を慎重に検討しているからこそ、という現状がある訳ですが…
最近のニュースを見る限りは、そうした建物に対する信頼と、建物として条件を満たすという前提が少しずつ崩壊しているような気もしています。

例えば構造体として非常に重要な要素である鉄筋が不足しているというニュースがあったり、杭を支持層まで打ち込んでいなくて建物が傾いてきたりなどなど。
ちょっとすぐには信じがたいニュースを最近見かける機会が増えていますが、こうしたニュースは出来ればあまり目にしたくないものです。

こうした残念なニュースが増えていくにつれて、建物への信頼というのは少しずつ減っていく事になるのだと思います。
今までずっと建物業界でご飯を食べてきた身としては、このような状況を見るとかなり複雑な気持ちになる事もあります。

とは言っても、建物として求められる「当たり前」をしっかりと満たし続ける事が、実際はどれだけ難しい事なのか、というのも分かるんです。
だからこそ複雑な気持ちになるのですが…
それでも建物を造るプロには、その難しい仕事をクリアしていく事が求められるものです。

建物を建てるという仕事は、プロであれば当然ですが、たくさんの建物を経験することになって、決して悪い意味ではなくある程度の「慣れ」が出てくることになります。
慣れによって仕事は少しずつ洗練していく訳ですけど、慣れてくるという事はつまりルーチンワークになってしまう危険もあるというのが難しいところ。

建てる方は慣れていく事になりますが、特にマンションなどでは、購入する方は一生に一回あるかどうかという大きな買い物になる場合がほとんどです。
そのあたりのギャップはあまり良い事に繋がらないので、プロであっても毎回新鮮な気持ちで仕事に取り組んでいく必要があるのだと思います。

マンション購入

自分がマンションを購入する側だと考えてみると、購入予定のマンションに施工不良が見つかって、構造体に致命的な欠陥がある、というような状態になったら大変ですよね。
建物を造る側の責任によって今後の生活が変わってしまうというのは、建物を購入する側としては我慢ならない状況ではないかと思います。

こうした問題が発生すると、建物を購入する側だけではなく、建物を設計した側も施工した側も社会的に大きなダメージを受けることになるのは間違いありません。

ちょっと変な表現をすると、設計者も施工者もビジネスで建物を造っている訳ですから、ある程度の利益を継続して出していく事が目標になっているはずです。
社会の役に立つ企業とか、社員が人間的に成長する企業など、高い志があるかも知れませんが、企業は利益を生み続けない限り生き残っていくことは出来ません。

継続して利益を出していく必要があるビジネスだからこそ、お客さんが心底失望するようなことをするべきではないんですよね。
これはどのような業種であっても同じで、建物を建てる仕事でもビジネスを継続するにはお客さんの満足が必要になってくる事は間違いありません。

関連記事

  1. 施工段階
  2. チェック
  3. 承認
  4. 建物の構造
  5. 意匠デザイン
  6. 図面