• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

配管の検討について

前回は簡単にではありますが、衛星設計の業務について考えてみました。
建物にとって水はなくてはならない存在である為、水廻りの設備である衛生設備も同様になくてはならない存在になっています。

水廻りの使い勝手が良くない建物は使いにくいものですから、そのあたりを考える衛星設計の役割は重要なものになっていきます。
もちろん使い勝手については意匠設計も検討をしていくので、意匠設計と一緒に検討を進めていく事になると思います。

水を運んでいく配管というのは基本的に見えないところへと配置されることになるので、見えない部分で色々と苦労をする事になるのですが…
今回はそうした天井裏に配管を隠す際に苦労をする点について考えてみます。

衛生設備の配管を平面的に移動していく際には、基本的に天井裏スペースを通していき、配管を下に落とす際には壁内で落としていく事になります。
そうした検討をしていかないと配管が室内側に見えてしまうので、見た目が悪くならないように天井裏や壁内に隠蔽していく訳です。

ただ、天井内には配管だけではなくダクトや電気のケーブルラックなどがありますから、衛生設備の事だけを考えて天井内レイアウトを検討する訳にはいきません。
天井内にあるダクトやケーブルラックなどをかわした位置に配管を配置していく、もしくはその逆で配管をかわした位置までダクトを逃げていくなどの検討が必要になります。

天井内レイアウト

とは言っても、それでも配管の径がそれほど大きくない事を考えれば、天井内配管の検討は比較的気持ちが楽ではありますが…
ただ、空気の通り道であるダクトと違って、中を通るのは水やお湯などの液体になる、というのが衛生設備の難しいところ。

水は高いところから低いところに流れる、という絶対的なルールがありますから、配管はその流れを考慮して勾配をつけてあげる必要がある。
これが衛生設備配管の最も厄介なところです。

例えば衛生設備配管に勾配をとっていく検討をした中で、配管のレベルが低くなりすぎて天井よりも下がってしまう、というような問題がよく発生します。
しかしいくら配管のレベルが天井よりも下がってしまうからと言って、配管の途中で段差をつけて配管レベルを上げる、というようなことは出来ないんです。

当たり前の話ではありますが、重力という覆せない法則がある限り、水を流す場合には配管に勾配をつけるという検討がどうしても必要になってきます。
配管レベルを検討していく中で、どうにも勾配が取れないような状況もあったりして、勾配をつけないでおきたくなる場合もありますが…

そんなことをしたら水が流れなくなってしまうだけで、それでは手間をかけて配管をつないでいく意味が全然なくなってしまいます。
それでは本末転倒ですよね。

配管の経路としては上の階から下の階にという流れになり、その際にはコンクリートスラブを貫通することになるので、そのあたりも検討していく必要があります。
貫通部にはあらかじめ開口補強鉄筋を入れておく事が構造設計から定められていて、そのあたりの細かい検討や調整が色々と必要になります。

これは衛生設備だけの話ではなく、電気・空調など全ての設備工事で共通して言えることで、天井内のレイアウトを検討してシャフト位置を決め込んでいく作業が必要になります。
その上で床コンクリートを貫通する場所を決めていく事に。

このあたりの細かい話は設計段階よりもむしろ施工段階になりますけど、大きな給水や排水などの流れを検討するのはやはり設計者の役割になります。
もし配管から水が漏れるような事があると、建物が水浸になるというリスクがあるので、衛生設備の責任は重大だと言えるでしょう。

関連記事

  1. 建具と鉄骨
  2. トイレ
  3. 東京国際フォーラム
  4. 施工段階
  5. 照明設備
  6. マンション購入