• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

アイソメの簡単な描き方

建物の最終的な出来上がりをイメージしたパースは、基本的に設計者が作成することになる、というような話を前回は取り上げました。
建物の完成パースは施主に建物の完成形をイメージしてもらう為に使ったり、施工者にも最終的にこのような建物を意図しているという考え方を伝える為に使ったりします。

しかし建物の納まり検討は広範囲にわたって必要になり、パースを作成しない部分もかなりの割合であるというのが現実になると思います。
そうした場合には、綺麗に見せる為に用意するパースではなく、納まり関係を確認する為にその場でさっと描いてしまう「アイソメ」でのスケッチがお勧めです。

もちろんパースを描いても良いのですが、どちらかと言うとパースよりアイソメの方が描くのが楽なので、簡単にイメージを伝えるにはアイソメが良いと思います。
まずはパースとアイソメの違いから考えてみると…

パース:perspective(遠近法・透視図法)

パースの一例

アイソメ:isometric(等角投影法)

アイソメの一例

という違いがあります。
パースペクティブという単語とアイソメトリックという単語の省略形になっていて、それぞれの意味を見ていくとイメージが掴めるのではないかと思います。

この説明ではちょっと大雑把すぎるのでもう少し補足すると…

パースは遠近法という考え方で作図されるので、建物内で実際には同じ長さであっても、表現される場所によって図面上の長さは変わります。
例えば下図はシンプルなパースの例ですが、同じ高さの壁を表現しているけれど、手前と奥とで壁の高さが変わっているのが分かると思います。

パースでは遠近により寸法が違う

遠近法の表現をしている為、奥にあるものは小さく表現していく必要がある、というのがパースの大きな特徴になります。
また、建物内で壁と床との取り合いライン、壁と天井との取り合いラインは平行なのですが、パースでは平行に表現されないという特徴もあります。

一方アイソメは同じ角度での投影表現になるので、遠くに離れた場合でも実際の長さが同じであれば、図面上の長さも同じという特徴を持っています。
先ほどパースの表現で例に出した形状をアイソメで表現すると、下図のような関係になります。
パースとの違いが明確に分かると思いますが、いかがでしょうか。

アイソメだと遠近に関わらず壁の寸法は同じ

パースは角度が少しずつ違ってくる事と、同じ長さであっても場所によって表現を変える必要があるので、作図するのに結構手間がかかります。
しかしアイソメであれば、角度が同じなので作図のルールが分かりやすく、パースに比べると作図しやすいというメリットがあります。

しかも手描きで簡単に作図するアイソメの場合には、それ程角度にこだわる必要もないので、さっと分かりやすく建物の関係を表現出来たりもします。
もちろんあまりにも角度が適当だと、関係性が全然伝わらない事になってしまうので、ある程度はきっちりと描く必要がありますが…

それでも手軽さという意味ではアイソメは非常に有効な手段になるので、設計者であっても施工者であっても、こうした簡単なスケッチは作図出来た方が良いと思います。
建築の仕事を実際にやっていて思うのが、パースを上手く描くことが出来ない方が多いのはなんとなく理解出来るのですが、アイソメも苦手な方が結構多いなということ。

自分がイメージしている建物の完成形を簡単にスケッチできた方が、設計者としても絶対に有利だと思うのですが、それが上手く描けない方が結構いるんですよね。
もちろんアイソメが苦手でも建物の設計は出来るし、施工者として施工を進めていく事も当然出来るのですが、やはりスケッチは描けた方が良いと思います。

出来ないより出来る方が間違いなく有利ですよね。
という事で、アイソメの基本的な考え方や具体的なアイソメの描き方などについて、次回にもう少し説明してみたいと思います。

関連記事

  1. アイソメの着色例
  2. 3DCADでの表現例
  3. 壁入隅の勝ち負け納まり例
  4. スケジュール感を持って進める
  5. クリアランスを意識した外壁まわり断面図
  6. どんな建物でも参考になる部分がある