• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

天井までの建具枠と廻り縁との関係

納まりを検討する側としては、実際に図面では表現をしないけれど、現実として仕上材がどのように施工されるかをしっかりと知っておく必要があります。
前回はそのあたりの話を、実際の断面納まり図を元にして具体的に説明をしてみましたが、イメージは何となく掴めたでしょうか。

理想的な納まりを知っておく事と、それを実現するにはどのような問題があるのかを知っておく事と、納まりを検討する側にはその両方の知識が必要です。
どちらの知識もバランス良く持っていないと、施工精度を考えない理想的すぎる関係性を目指してしまい、結局は現実としてそんな施工は出来ず綺麗に納まらない、という状況になってしまいます。

これは施工者側の都合でそのような納まりにするという雰囲気がありますが、最終的に建物を美しく納めるという目的があるので、意匠設計者の為の話でもあるんです。
やはり施工の現実を知っておいて、そうした誤差をどこかで吸収していく納まりを前提として、その納まりをどこまで洗練したものに出来るか、という話ですね。

前回はこうした納まりの例として、天井までの鋼製建具枠の納まりを取り上げましたが、やはり下図のようなギリギリの納まりは現実問題かなり実現は難しいものです。

建具枠と天井が納まっていない例

上図の納まりでは、施工精度という問題の前に、廻り縁の厚みなどを考えると天井仕上レベルは若干下がってしまう傾向にあります。
そうなると建具枠よりも天井仕上面の方が少し下がる関係になってしまい、納まりとしては上手いとは言えない状態になってしまいます。

これでは天井面と扉が干渉してしまい扉が開かないとか、扉を開く際に天井面にこすれて開口の軌跡が傷によって見えてしまうなどの問題が出てしまいます。
これでは結局見た目がおかしくて使い勝手も悪いという事になるので、やはり建具枠を少し天井面から下げて納めていくなどの調整が必要になります。

建具枠と天井の納まり例

こうした関係は、建具枠を工場で製作する前にきちんと検討しておく必要があって、それが出来ない場合は後で納まりの問題をどう解決するかの苦労をすることになります。
建具枠の納まりについての話が出たついでという訳でもないのですが、今回はこうした天井までの建具枠に対して廻り縁がどう納まるのかを紹介してみたいと思います。

まずは廻り縁の一般的な納まりとして、下図のようなコ型廻り縁の標準図を例にして話を進めていくことにします。

一般的なコ型廻り縁の納まり例

このコ型廻り縁が天井までの建具に対してどのように納まるかの関係を考えていくと、建具枠の部分にも廻り縁を廻す考え方がまずはあります。
一般部分では壁に廻り縁をぶつけていますが、天井までの建具枠部分に対しては、もちろん建具枠に廻り縁をぶつける感じに。

建具枠にもコ型廻り縁をまわす納まり

ただ、この納まりの場合、建具は基本的に壁面に対して10mm程度のチリがありますから、その分だけ廻り縁の位置が建具の部分でずれることになります。
…と、言葉での説明はなかなか伝わりにくいので、天井を見上げた際の天井伏図で表現をしてみると、このような感じに廻り縁が折れていく感じです。

建具枠チリ分だけ廻り縁がクランクする

上図では便宜上廻り縁の見えがかり部分に色を付けていますが、実際のコ型廻り縁は天井と同色になるのが一般的なので、それ程目立つ訳ではありません。
そう言った意味でこの納まりも別に悪くはないのですが…

建具のチリ寸法に合わせて細かくクランクしていくコ型廻り縁は、正直言ってあまり美しくないので、納まりとしてはそれほどお勧めは出来ません。
コ型廻り縁をクランクして納めるには、廻り縁を斜めにカットして折っていく必要があって、その部分があまり綺麗に納まらないんです。

コ型廻り縁のカットライン

こうした斜めのラインも実際には白系の色に隠れてしまうので、上図のように赤い線が入る訳ではないのですが、それでも細かい斜めラインはあまり綺麗ではありません。
それならどう納めるのが美しいかをもう少し考えてみると、というあたりの具体的な考え方については、次回にもう少し説明をしていくことにします。

関連記事

  1. 十手廻り縁の形状一例
  2. 一般壁+天井アルポリック接着貼取合納まり
  3. 出隅で仕上が切り替わるイメージ
  4. 壁アルポリック+天井十手廻り縁納まり
  5. SD枠の曲げ部分拡大図
  6. 十手廻り縁の目透かし寸法をチリに合わせた場合