• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

間接照明の基本納まり

天井の高さは通常各部屋ごとに分かれているものですが、場合によっては同じ部屋でも少し違う天井高を設定している場合もあります。
それがポジティブな理由の段差なのか、それともネガティブな理由の段差になるのかはさておき、基本的な天井段差の納まりは変わりません。

理由がどうであれ納まりが変わらないのであれば、まずは基本的な納まりしっかりと覚えておいた方が良いという事で、前回は基本断面図を紹介しました。

天井の形状によってその空間が持つ雰囲気というのは変わってくるものですから、意匠設計者としてはそうした段差を最大限に利用しようと考えるもの。
今回はそうした天井段差納まりのひとつとしてよく採用される、間接照明の納まりパターンを紹介してみることにします。

意匠的に狙って天井を一部上げる納まりの場合、その段差部分に間接照明を入れておき、上げた天井部分を照らしていく納まりにする事があります。
これは結構良くあるパターンなのですが、それだけ選ばれる納まりというだけあって、完成形は非常に美しく仕上がります。

天井間接照明のイメージ

こうした間接照明の納まりがどのようになっているかというと、下図のような関係になっています。

天井間接照明の納まり例

軽量鉄骨天井下地を少しはね出しておき、そこに照明器具を乗せて、上げた天井部分を照らしているという納まりです。

天井仕上材と天井下地の寸法、そして下から照明器具が見えてしまわないようにする事などを考えると、段差は200mm程度あった方が納まりが良いです。
もう少し段差を少なくすることも検討は可能ですが、あまりぎりぎりを狙っても、どこかで無理が生じてしまうので、無難なのはやはり200mmだと思います。

低い方の天井が途切れる部分には、何らかの見切材を入れる必要があります。

見切材の材質は木や鋼材など幾つかの選択肢があって、一般的に用いられるのが平鋼板、いわゆるフラットバーと呼ばれる鋼材ですね。
下から見た際のラインを細く見せたいなどの納まりを考えていくと、フラットバーが選ばれる割合が多いかも知れません。

どのような材料を選定するのかは意匠設計者の判断になりますが、ある程度納まりのパターンは限られてきます・
意匠設計者としては、見切の高さを出来るだけ小さくして細く見せたいと考えてしまいますが、あまり低くすると照明器具が見えてしまう恐れがあるのでお勧め出来ません。
間接照明で照明が直接見えてしまう状態になると、ちょっと納まりとしては失敗という感じです。

また、一部天井高を上げた範囲については、照明で照らすことを考えて、天井仕上を塗装仕上にする場合が多いです。
通常の天井が岩綿吸音板になっていて、一部上げた範囲については塗装仕上として、塗装した面を照明で照らしていく、というような納まりですね。

こうした納まりの注意点としては、一部天井レベルを上げることになるので、上げた天井範囲が上階の張りに干渉する可能性がある事でしょう。
これはちょっと初歩的すぎるミスなのですが、残念ながら割と良くあるミスでもあるので、まずはレベル関係を確認しておいた方が良いです。

早めにこうした問題が発覚していれば、意匠的にどうするかの選択肢は結構多いのですが、施工を始めた時期に発覚するとあまり出来る事は多くありません。
図面上で検討する意味はやはりそのあたりにあるんですよね。

どうしても意匠的にこの間接照明は譲れない、という場合には、上階梁の高さを構造設計者と調整した上で小さくして数を増やすなどの検討も出来たりもします。
しかし既に梁と床コンクリートが出来上がっている段階でそのような調整は出来ませんので、なるべく早めにこうした問題は発覚した方が良いんです。

関連記事

  1. アルポリック接着貼の納まり
  2. 天井インサート配置例
  3. インサートとデッキリブの関係例
  4. 天上レベルとS梁の関係例
  5. 岩綿吸音板直貼り用のビス
  6. 化粧石膏ボードのイメージ