• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

可動防煙垂壁の考え方と納まり

前回は建物に求められる安全性という性能を満たす為に設置する、防煙垂壁の考え方や具体的な納まりについて考えてみました。
火災時に最も危険なのは炎ではなく煙だという話ですから、そうした危険な煙に対応していく為の防煙垂壁の設置は慎重に検討を進めていきましょう。

前回はそうした防煙垂壁の種類のひとつであるガラスの固定垂壁を紹介しました。
透明なガラスとスリムなエッジから、あまり目立たないという大きなメリットを持つガラス防煙垂壁は、納まりとしても非常にシンプルになるのでよく採用されることになります。

ただ、いくらガラスが透明で目立ちにくいとは言っても、やはり全く見えない訳ではありませんので、場所によってはガラスの存在が気になる場合も出てきます。

ガラスであっても見せたくないというような場所も中にはあるかも知れません。
そうした場所でも防煙垂壁は必要になってきますので、その場合には固定式の防煙垂壁ではなく、可動式の防煙垂壁を採用する事になります。

可動式の防煙垂壁とは、読んだままになりますが、通常時は天井内もしくは天井面に隠れていて、火災が発生した際に下りてきて防煙垂壁の機能を果たすという製品です。
火災の信号を受信して可動する必要があるので、建築工事だけではなく電気設備との絡みも必要になってきますが、見た目はガラスよりもスッキリと仕上がります。

可動防煙垂壁にも2通りの考え方があります。
ひとつはシート状になっている防煙シートを天井裏に巻き取って納めておき、火災時にそのシートを下ろしていく製品です。
この製品は天井面に見えてくるものが最も少なくなるというメリットがありますが、ある程度天井裏にスペースが必要になってきます。

シート式可動防煙垂壁

もうひとつが天井面と同じレベルに板状の壁を収納しておき、火災時にはそれがバタンと下りてくることによって防煙区画を形成するという製品です。
この納まりを採用すると、天井裏のスペースはそれほど必要なくなりますが、天井面に少し可動する部分の隙間などが見えてきます。

パネル式可動防煙垂壁

見た目を重視するのなら、天井内にシートを巻き取るタイプの方がスッキリと見えてくるのでお勧めになるのですが、設置には少しだけ条件があります。
まずはシートを格納する為に天井裏スペースがある程度必要だという事と、もうひとつが防煙垂壁の巾をある程度確保するという事。

天井裏に巻き取られた防煙シートは自重で下りてくる機構になっているので、シート先端にある程度の重量がないとうまく下りてこないという問題があります。
また、防煙シートが下りてくる際には両側のガイドも同時に下りてくるのですが、ガイドは天井面に格納されることになります。

シート式可動防煙垂壁のイメージ

イメージは上図の通りになりますが、ガイドの巾=防煙垂壁の高さという事になるので、少なくともガイドが納まる分の防煙垂壁巾が必要になります。
そうした点を考慮すると結局は1500mm程度の巾がシートタイプの可動防煙垂壁には必要になってくる、という感じです。

可動防煙垂壁がどのようなものなのか、という説明が長引いてしまいましたが、具体的な納まりとしてはこんな感じになります。
まずはシートを巻き取るタイプ。

シート式可動防煙垂壁の納まり

これは天井裏にある程度のスペースが必要になる分だけ、天井面に出てくるものとしては少なくて済みますが、天井点検口は必要になります。
次に天井面にパネルを設けるタイプ。

パネル式可動防煙垂壁の納まり

こちらは天井面と同レベルに取り付けた板を回転させて下ろすので、天井裏のスペースはそれ程必要としないというメリットがあります。

ただ、パネル部分には照明器具などの設備要素を取り付けることが出来ないので、防煙垂壁を避けて設備機器を配置していく事になります。
こちらも結局は開閉を制御する仕組みが天井裏にあるので、それをメンテナンスする為に天井点検口が必要になってきます。

また、こちらのタイプの場合はパネルが下りた際に受けが必要になるので、壁に少し受け金物を取り付けておく必要もあります。
見映えとしてはシートを巻き取るタイプの方がスッキリと見えるのは、こうした受けが見えてくるというあたりにも理由があるんです。

そもそもあまり目立たせたくないという目的で可動防煙垂壁を採用する訳ですから、こうして少し目立ってしまう納まりになるのはあまり歓迎出来ないかも知れません。
この納まりになるのであれば、ガラス固定垂壁の方が良いかも、というような判断もあるはずなので、天井裏スペースなどの納まり確認は事前にやっておく必要があります。

関連記事

  1. 天井下地のイメージ
  2. 天井に取り付く器具の一例
  3. 天上レベルとS梁の関係例
  4. シャッターのイメージ
  5. 天井と梁が干渉している例
  6. 化粧ケイカル版天井のイメージ