• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

その他特殊な天井仕上材について-1

今までの説明で、天井仕上材の代表的なものをいくつか紹介してきましたが、よく使われる天井仕上材については大体説明出来たかと思います。

・岩綿吸音板(接着貼りタイプ)

・岩綿吸音板(直貼りタイプ)

・化粧石膏ボード

・石膏ボード+塗装仕上

・石膏ボード+ビニルクロス貼り

これらの天井仕上材を各所の部屋で組み合わせていけば、特殊な部屋を除いてという条件にはなりますが、ほぼ全ての部屋の天井を決める事が出来るはずです。

例外的な表現になっている「特殊な部屋」というのは、意匠的にちょっと力を入れたい部屋などを指していて、例えば壁に石などを採用しているような部屋です。
せっかく壁に石を採用したのであれば、天井は塗装仕上というのもアリではありますが、バランスを考えるともう少し違う天井仕上材を選定したくなります。

今回はそうした少し特殊な部屋で採用される可能性がある、ちょっと特殊な天井仕上材をいくつか紹介してみたいと思います。
もちろん全ての製品をここで紹介出来る訳ではありませんが、考え方や納まりは製品が違ってもそれ程大きく変わらないので、それぞれの製品で応用をしていけば問題はないでしょう。

・アルポリック

・化粧ケイ酸カルシウム板

・メラミン化粧板

今回は上記の天井仕上材について簡単に説明をしていこうと思います。

□アルポリック

壁仕上材について紹介した際にも出てきましたが、アルポリックは芯材と呼ばれる樹脂に対して薄いアルミパネルを表層に貼っている製品です。
見た目はアルミパネルになっているけれど、アルミの使用量が少ないので、コスト的にはアルミカットパネルよりかなり有利になります。

このアルポリックを天井仕上材として採用する場合には、天井下地との納まりとしては二通りの選択肢があります。
ひとつは天井下地にビス止めというアルミカットパネルと同じ納まりで、もうひとつが石膏ボード下地に接着剤で貼っていくという納まり。

アルポリック接着貼の納まり

どちらのパターンでもアルポリックは納まるので、手軽さで言えばやはり接着剤で貼っていく納まりという事になるのですが…
石膏ボードに対して接着剤で貼っていった場合、アルポリックの板厚分しか目地の深さを確保することが出来ないので、少し見た目のイメージが変わります。

こうしたカットパネル系の納まりであれば、目地の深さはある程度あった方が見映えが良いので、ビス固定納まりの方が見た目は良くなります。
ただ、施工性やコストなどを考えた場合には、石膏ボードに対して接着剤で貼っていく納まりも選択肢としては充分検討の余地があります。

樹脂の芯材に対して薄いアルミパネルを貼り付けているという製品の特徴から仕方がない事ではありますが、アルポリックには小口から樹脂が見えてしまうという欠点があります。
しかし天井仕上材として採用する場合には、天井面が目線から離れていることもあって、あまり小口が目立たない距離間になっていて、納まりとしては都合が良い感じになります。

こうした芯材が見えてしまうという欠点があるものの、さすがに表面はアルミパネルになっていますから、仕上がりは光沢もあり非常に美しいです。
コストを考えるとアルミカットパネルは採用出来ない、という部屋でも、アルポリックであれば検討出来るという事があるかも知れません。

ちょっと長くなってしまったので、化粧ケイ酸カルシウム板とメラミン化粧板については次回に詳しく説明をしていきます。

関連記事

  1. 天井取付け器具は各業種の調整が必要になる
  2. 天井に取り付く器具の一例
  3. 天井関連のまとめ
  4. シャッターのイメージ
  5. 自動ドアモーターを天井裏に配置
  6. 天井間接照明のイメージ