• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

仕上の切替えが入隅か出隅かの問題

廻り縁関連だけではなく、一般的な部分の納まりについては、標準納まり図集を自分用にデータベース的に作っておくと良いです。
恐らく大抵の方はそんな面倒なことはやらないはずですから、プロとしてそうした準備をすること自体に大きな価値があるはず。

というような話を前回はしてみました。
正直なところを書くと、私もそうした資料を地道に作っていくのは面倒だと感じてしまいますが、作る価値を考えるとやはりお勧めしない訳にはいきません。

意匠設計者でも施工者でも、図面を描くこと自体が専門ではない方が多いとは思いますが、とりあえず自分の手でこうした納まりの図面を描いてみる事をお勧めします。
漢字の書き取りと似たような話で、やはり自分の手で描いてみると、色々と気になる部分とかが見えてくるので、頭に入るんですよね。

もちろん自分の手で描かなくても頭に入るという優秀な方もいるとは思いますが、自分の手を動かすことには一定の価値があると思いますよ。
という事で、納まり図集についての話はこのあたりで終わりにしておき、今回は天井仕上面が下り壁にぶつかる部分の納まりについて考えてみることにします。

天井仕上面が下り壁にぶつかる、という表現がちょっと分かりにくかったと思います。
通常の天井仕上面は壁にぶつかる部分で、コ型もしくは十手廻り縁で切り口を隠しながら納まっていく事になります。

一般的な壁と天井の関係

しかしそうではなく、今回は天井高に段差がある場合で、低い方の天井が壁にぶつかってくるという、ちょっと逆のパターンについて考えてみます。
やっぱり言葉での説明では少々分かりにくいので、断面図で表現をしてみると、下図のような部分の納まりという事になります。

天井と壁が出隅で取り合う場合

こうした部分の納まりでは、今まで紹介してきた廻り縁はあまり使えないはずで、なおかつ廻り縁も取り合ってくる状態になるので、ちょっと複雑な感じなんですよね。
あまり綺麗に納まらない傾向にある部分でもあるので、なぜそうなるのかを含めてちょっと細かいですが色々と考えてみることにしましょう。

まずは断面部分を拡大して見ていくと…

壁と天井の出隅拡大図

このような状態になり、壁仕上材と天井仕上材が入隅ではなく、逆に出隅で取り合ってくる関係になっていることが分かります。
建築の色々な納まりで言える事なのですが、仕上材の切替えは入隅であれば素直に切り替わるのですが、出隅で切り替わるのは変なんです。

「変なんです」という表現ではあまりにも説得力がなさすぎるので、ここでは少し単純ではありますが例を出してみます。
例えば壁仕上として塗装仕上があって、天井仕上材として岩綿吸音板があって、その仕上を切替えようとした場合、やはり入隅で切替えるのが無難という結論になります。

出隅で仕上が切り替わるイメージ

上図を見て頂ければ伝わるかと思いますが、出隅で塗装と岩綿吸音板を切替えようとしても、どうしても岩綿吸音板の小口が見えてくることになってしまい綺麗に納まりません。
入隅であればお互いにぶつかり合って納まるので特に問題はないのですが、そもそも出隅で切り替わるのは見た目としておかしいですよね。

今まで天井仕上材と壁仕上材との関係として説明してきた廻り縁の納まりは、入隅で仕上材が切り替わる納まりなので、割とスムーズに納まるんです。
しかし今回取り上げている天井仕上材と下り壁との納まりは、出隅で仕上材が切り替わることになる納まりなので、あまりスムーズには納まらない。

こうした現実があるので、出隅部分での仕上切り替えをある程度スムーズに納める為には、しっかりとした検討が必要になります。
とは言っても結局塩ビ系の見切材で納めていくしかないのですが、その具体的な納まりの考え方については次回に説明をしていきたいと思います。

関連記事

  1. 壁アルポリック+天井十手廻り縁納まり
  2. 廻り縁は建具チリ内で止める
  3. ピクチャーレールの使用例
  4. 事前の検討が重要になる
  5. 天井が高いと不便な場合も
  6. 化粧ケイカル板壁勝ち納まり+ジョイナー納まり