• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

納まりの説明を進める意図

当サイトは、建物を構成する様々な部材がどのような関係性で取り付けられているか、という納まり関連の話を色々していこう、という目的で作成されています。
納まりを示す為には図面に表現する必要があるので、図面を作図する為のツールであるCADについても色々と書いています。

これを書いている私自身も、建築関連の業務を毎日やっている身なので、ちょっと知識が偏ったりしている可能性もありますが…
仕事を一歩引いた位置から見ている評論家のような立場で発言するのはイヤなので、あくまでも自分の経験などを元にして色々書いていこうと思っています。

当サイトを読んで頂ければ、建築の基本的な納りを一通り覚えることが出来る、という感じの情報発信をしていければと考えています。
建物の納まりというのは非常に奥が深いもので、それを「一通り覚えることが出来る」ように説明していくのは結構大変な作業ではあります。

ただ、大変な分だけその見返り(というとちょっとイヤな表現ですが…)も大きいので、苦労をする価値は非常に大きいものなんです。
見返りというのは簡単に言うと「自分の知識を高めることが出来る」という事。

人に何かを説明するというのは簡単な事ではないですから、説明をしていく中で私自身の知識を高めたり整理していく必要があります。
そうして整理された知識を持つことが出来るとか、自分の中の知識を少しでも上手く相手に伝えることが出来るとか、そうしたスキルがこれで培われる訳です。

日常的に忙しく仕事をこなしていく中では、自分の知識を整理したり新しい何かを勉強したりする機会というのは、それ程多くはないものです。
人に知識を伝えるような業務を望んだとしても、本人の希望通りの業務が出来るかどうかは会社の判断になったりして、なかなか思い通りにはなりません。

人に建築に関する知識を伝える機会が仕事ではあまりないのであれば、それを個人的なサイトでやっていく事が出来るのではないか。
そうした個人的な都合で色々と説明を書いている側面もあります、というかそれが結構大きなサイト作成の理由だったりします。

と、このような個人的な目的は確かにありますが…

サイトを読んで頂く方の為になるような情報を発信していくことが出来れば、と思いながら説明をしているのが実際のところです。
少しでも分かりやすい説明が出来ないかと考えて、色々悩んでみたり、既に書いた文章を全部消すしかなかったり、という感じで書いています。

少々違う話が長くなってしまったので、建物の納まりについての話に戻します。

これは当たり前の話ではありますが、建物の納りをどのように考えるかによって、竣工する建物の見た目、そして建物の使い勝手は大きく変わってくることになります。
建物の納まりというのは見えない部分を考えることもありますが、人の目に触れる部分をどのように納めるかを考えることも結構多いですから。

建物の完成形

建物を設計・施工するにあたっては、人の目に入る部分をどのように納めていくのか、というあたりが非常に重要な要素になります。
そうした納まりは各所あるはずで、それぞれの部分を適切に計画・施工していく事がプロの仕事ではないかと私は考えています。

各所の納まりを、性能を守りながら見た目も妥協しない、というように考えていく為には、様々な納まりについての知識が必要不可欠でしょう。
建築のプロとして求められる納まりの知識を少しでもプラスすることが出来るように、という目的で当サイトは色々と書いています。

実際にはそこまで真面目に考えなくても仕事は出来るのですが…
どうせお金をもらってプロとして業務をするのであれば、建物に対して全力で取り組んだ方が面白いのではないでしょうか。

ちょっと違う話ばかりになってしまいましたが、次回からはこのカテゴリのメインテーマである建物の構造についての話を進めます。

関連記事

  1. SRC造
  2. 木造
  3. 鉄骨
  4. 検討
  5. 組み合わせ
  6. 鉄筋