• 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む

建物の構造について考える

建物の納まりについての知識をたくさん持っているというのは、設計であれ施工であれ、仕事の引き出しを多く持っているという事を意味しています。
当サイトでは、自分のプロとしての知識や引き出しを増やそうと考えている方に読んで頂き、少しでもその知識を高めることが出来れば、と考えています。

知識が増えると設計や施工での選択肢が広がることに繋がり、自分が出来る仕事のバリエーションも少しずつ増えていく事になります。
そうなると建築の仕事自体が面白く感じるようになって、その結果として責任のある立場になったり、もっと知識が必要な立場になったりという事に。

ただ、自分で会社を経営している方でない限り、他人の二倍働いても収入は二倍にはならないという大きな問題もあります。
そした現実を考えると、自分から納まりを覚えたり知識を増やしたりと、仕事に全力で取り組む事に難しさを感じてしまうかも知れませんが…

それでは仕事が面白くないと思うので、出来る限り自分の知識やスキルを高めて仕事に臨むことを当サイトではお勧めしています。
もちろん仕事に対するスタンスは人それぞれで違っていて当然ですから、それぞれが自分のやり方で仕事に取り組めば良いと思いますが。

ただ、建築関係の仕事をするのであれば、どのような仕事のスタンスなのかに関わらず、納り関係の知識は必要になってくると思います。
関わる業種によって「ないよりはあった方が良い」程度なのか、あるいは「ないと仕事として成立しない」くらいに深刻なのかは変わってきますが、必要なことに変わりはありません。

その為には多彩な納まりパターンをたくさん知っておく事が理想ではありますが、現実問題としてそのパターンは非常に多いので、最初から全部を頭の中に入れるのは難しいところ。
ですから、まずは基本的なパターンを覚えてそこから少しずつ納まりのパターンを増やしていく、というやり方が現実的ではないかと思います。

そうした建物の基本納まりを覚えていく上で非常に重要になってくる要素が、その建物がどのような構造になっているか、という部分です。
建物の構造によって納りの考え方が大きく変わってくる部分もありますので、まずはその建物がどのような構造になっているかを確認しておく事が重要になってきます。

と言うことで、かなり前置きが長くなってしまいましたが、このカテゴリでは建物の構造について幾つかの種類を紹介していきます。
あまり建物の構造は種類として多くはありませんが、それぞれかなり異なる特徴を持っているので、それぞれの特徴をここで覚えることが出来ればと思っています。

まずは「建物の構造とは何か」という話からですが…

建物の構造

建物の構造というのは、建物の骨組みがどのような材料と部材で構成されているか、という意味合いになっています。
どのような構成で建物が建っているのか、という事になる訳ですから、建物にとっては最も基本的な部分になる事は間違いありません。

設計図や施工図など、建物を表現している図面には色々な種類があります。
建物の構造というのは、そうした数ある図面のほぼ全てに影響を与える要素になるので、まず最初に押さえておく必要がある部分だと言えるでしょう。

設計者として建物を設計する際には、「この建物の構造をどれに決めるのがベストなのか」という部分で非常に悩んでしまうかも知れません。
建物の構造によって柱サイズなどの条件が色々と変わってしまい、コストなどが大きく変わってしまう場合もあるので、方針を決めるのは結構大変だと思います。

また、施工者にとっても構造によって施工の進め方は大きく変わってしまう事になるので、当然無視することは出来ません。
と言うことで、このカテゴリではこうした建物の構造について色々と考えていく事にしますが、次回は具体的な構造の種類について考えていきます。

関連記事

  1. 鉄筋
  2. 建物の完成形
  3. 木造
  4. 鉄骨
  5. SRC造
  6. 検討