• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

仕上納まり検討の重要性

仕上図は設計図における意匠図と同じような役割を担う図面ではありますが、設計図と施工図の大きな違いは、実際に施工する為の図面である事です。
つまり、施工出来るスペースがあるかを検討したり、記載している位置に仕上を固定する為の下地が必要かの検討をしたり、などを盛り込んでいくことが必要です。

そうした検討をしないままでも仕上図は作図することが出来てしまいますが、それを実際の施工で使おうとすると様々なトラブルが出てきて困ることに。
そうしたトラブルが実際の施工で出ないようにする為の図面ですから、細かい検討をしないと仕上図を作図する意味がありません。

事前に問題点を全て出し切る為には、できる限り深く踏み込んで検討を進めていき、仕上図としてきちんとまとめていくことが必要になってきます。
逆に、きちんと検討された仕上図をまとめた上で現場での施工を進めると、図面が要因の問題が比較的少なくなり施工がスムーズに進む事になります。

こうして考えていくと、施工図の役割は結構重要だという事が分かってきます。

とは言っても、図面が合っていても現場で全てその通りに施工される訳ではない、というあたりが非常に難しいところなのですが…
それでも、検討されていない仕上図で施工を進めることに比べると、きちんと検討した図面で施工をする場合には、かかるコストと時間がかなり有利になるはずです。

また、仕上図というのはあくまでも建物がどう見えるかを表現している図面ですが、建物の骨組みを表現する躯体図とも非常に密接な関係にあります。
コンクリートや鉄骨の柱や梁など建物の骨組みというのは、最終仕上ラインからはみ出さない状態になるように計画していく事が一般的です。

なぜかというと、よほど事前に検討しておかない限り、コンクリートや鉄骨の柱というのはそれ程美しい仕上にはなり得ないからです。
コンクリートの柱を意匠的に見せようとした場合、考えられるのはコンクリート化粧打ち放し仕上しかなく、見た目はこんな感じになります。

打放しコンクリート

 

確かにコンクリート化粧打ち放し仕上は美しいのですが、どうしても硬質なイメージが出来てしまい、実際に触れると冷たくて硬いため、どこにでも使える訳ではありません。
外気に面するコンクリートの室内側は、外気温が出来るだけ室内に伝達されないようにする為、断熱材を吹き付ける事が基本になりますが、コンクリートむき出しの場合はそれも出来ません。

そうなるとさらにコンクリートが冷たくなったり、その結果として常に結露して濡れていたりするなど、建物の性能に大きな影響を与える場合も出てきます。
鉄骨の柱をあえて見せる仕上を計画する場合、仕上は鉄骨柱+耐火塗装くらいしかなく、何色で仕上げるか程度しか選択肢がありません。

耐火塗装

見た目はこんな感じですが、それほど美しくない仕上ですし、柱にコンセントやスイッチなどを取り付けることも出来ないので、建物の使い勝手はいまひとつになってしまいます。
もちろん意匠的にそうした見た目を狙うことはありますけど、全部の部分でその納まりを採用すると建物の性能に関わってくるのであまりお勧めは出来ません。

ということで、柱や梁などの構造体はあまり見せず、綺麗に仕上げることが可能な部材で囲ってしまうという考え方が一般的になります。
仕上図は最終的な仕上ラインを検討した図面ですから、検討された仕上ラインから構造体が飛び出して見えてしまわないかの検討も仕上図の役割です。

仕上の位置をきちんと押さえた上で、その仕上ラインから構造体が出てしまわないように検討しながら躯体図を作図していく、というような流れがスムーズではないかと思います。
こうした検討も事前にやっておかないと、後で大きな問題になりますから、仕上図の検討というのは責任重大だということが言えます。

関連記事

  1. 紙媒体
  2. 生コン車
  3. 床伏図拡大版
  4. 平面図
  5. 仕上
  6. 土地